映画イエスタディ【どんな時代でもビートルズの曲は素晴らしい!】

洋画

こんにちは
映画マニアのワーキングマザー、ゆっちゃんです。

「昨日まで、世界中の誰しもが知っていたビートルズ。

今日、僕以外の誰も知らない。」 

この斬新でユニークな設定。

ビートルズの名曲、「イエスタディ」「イン・マイ・ライフ」「バック・イン・ザ・U.S.S.R」「ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード」「ペニー・レイン」「エリナー・リグビー」「レット・イット・ビー」「ヒア・カムズ・ザ・サン」「ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス」「ヘイ・ジュード」「ヘルプ!」「愛こそはすべて」

が映画の中で聞けるだけで興奮してしまいます!

下記に個々の曲の動画を用意しましたので、ご覧ください。

映画イエスタディ

今回は、この作品をレビューしたいと思います。

製作年:2019年

時間:117分

監督ダニー・ボイル

出演ヒメーシュ・パテルリリー・ジェームズ、ジョエル・フライ、エド・シーランケイト・マッキノンジェームズ・コーデン

ビートルズの名曲を知っているのは自分だけ?

これは本当に面白い設定です!

その名曲を自分の曲としてフェスで歌ったら、そりゃもう大ヒット間違いなしですよね!

そこに本物の世界的ミュージシャンのエド・シーランが出現してしまい、どちらが良い曲を作るか競走した時に「ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード」を主役のジャックが歌った時の顔!!

いや、本当に身震いするほどのストーリーです。

しかも、倫理的な部分の落とし前もきちんとつけてくれるという、さすがダニー・ボイル監督としか言えません!

この映画を観て思うことは、どんな時代でもビートルズの曲は素晴らしい!ということです。

1)映画イエスタディのあらすじ(ネタバレなし)

最初に映画イエスタディのあらすじをご紹介しますね。

ネタバレなしなのでご安心ください。

音楽で有名になることを夢見て、ジャックは中学の音楽教師で幼馴染のエリーにサポートされながら日々頑張っています。

ある日、ジャックは夢をあきらめることにするとエリーに伝えた後に、自転車で帰宅途中に、世界中で起きた12秒間の大停電のせいでバスに追突されてしまいます。

そのバスの事故で持っていたギターが壊れてしまい、退院した際にエリーから新しいギターをプレゼントしてもらいます。

そして、友人たちの前で何の気なしにビートルズの「イエスタディ」を歌います。

すると、友人たちはその曲を初めて聞いたかの様に反応し、絶賛するのでした。

「その曲いつ作ったの?」と聞かれ、「ポール・マッカートニーが作ったビートルズの曲だよ。」と答えますが、友人たちはまったく知らない様子。

ネットでビートルズを検索しても、虫のカブトムシしか出てきません。

それ以外でも、コカ・コーラが周知されていなかったり、不思議なことが起こります。

そして、世界で自分しかビートルズの存在を知らないということを認識すると、ビートルズの曲を自分の歌として発表すれば有名になれると考えました。

自分の曲をCD化し、アルバイト先のスーパーで無料配布すると、それが話題となり地元のテレビ局から出演依頼が来ます。

そして、そのテレビに出た後に、世界的に人気のあるアーティスト、エド・シーランが直接会いに来ました。

モスクワライブの前座として、ぜひ一緒にモスクワに来てほしいと頼まれたのです。

中学教師のエリーは、行けなくなり、2人の心も徐々に離れていきます。

ビートルズの数々のヒット曲を自分の曲として有名になっていくジャック。

このまま偽りの名声にしがみついていくのでしょうか?

そして、いつも一緒だったエリーの心を取り戻すことができるのでしょうか?

2)映画イエスタディの感想

映画イエスタディの評価・感想は下記のとおりです。

評価はあくまでも私の個人的なものになりますので、ご了承ください。

満足度4.0★★★★☆

この映画は、ビートルズの曲が流れるって聞いただけで興奮してしまうのに、

監督は、「トレインスポッティング」「スラムドッグ$ミリオネア」のダニー・ボイル。

脚本は、「ラブ・アクチュアリー」「アバウト・タイム 愛おしい時間について」のリチャード・カーティスとくれば、感動する作品に間違いなし!

と見る前から太鼓判押してしまうような感覚になってしまうのです。

もちろん音楽だけではなく、幼馴染との淡い恋もていねいに描かれています。

一緒にいるのが当たり前だったジャックとエリーが、離れ離れになった時に初めて本当の気持ちに気づいて、後悔に苛まれてしまうシーンは、胸がキュンキュンします。

大物ミュージシャンのエド・シーランは、少しだけ顔出しておしまいかと思っていたら、ストーリー展開の要ともいえる重要な役割を担っています。

ダニー・ボイル監督、リチャード・カーティス、エド・シーランとみんなビートルズが大好きです。

ですから、この映画は、ビートルズ愛にあふれた感動的な映画になっています。

ぜひ一度ご覧になってください。

3)映画イエスタディの口コミ

映画イエスタディの口コミをご紹介しますね。

4)映画イエスタディをご覧になるには

映画イエスタディをご覧になるには、以下のサービスがあります。

・U-NEXT 

U-NEXTですが、

無料トライアル期間中(31日間)に観ることができます。

・TSUTAYA TV / TSUTAYA DISCAS 

TSUTAYA TV / TSUTAYA DISCASですが、

30日間無料お試しで観ることができます。

動画見放題とDVDの宅配レンタルのセットがお得です。

 

・Amazon Prime Video

Amazon Prime Videoですが、

30日間無料で観ることができます。

月500円で動画見放題の配信サービスです。

・dTV 

dTVですが、

31日間無料で観ることができます。

月550円で動画見放題の配信サービスです。

 おすすめの動画配信サービスについて、こちらのページもご覧ください。👇

5)映画イエスタディで流れるビートルズの曲

映画イエスタディで流れるビートルズの曲をご紹介します。

「イエスタディ」

「イエスタディ」は、1965年に発売されました。

ポール・マッカートニーの作詞・作曲で、多くのミュージシャンがカバーしており、カバーバージョンが3000曲突破!

ギネスブックに世界記録として認定されました。

「イン・マイ・ライフ」

「イン・マイ・ライフ」は、1965年に発売されました。

故郷リバプールへの想いを綴り、ジョン・レノンとポール・マッカートニーが作曲。

「バック・イン・ザ・U.S.S.R」

「バック・イン・ザ・U.S.S.R」は、1968年に発売されました。

「ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード」

「ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード」は、1970年に発売されました。

ポール・マッカートニーが、レイ・チャールズをイメージして書いた曲です。

「ペニー・レイン」

「ペニー・レイン」は、1967年に発売されました。

ポール・マッカートニーの作詞・作曲。

ペニー・レインとは、故郷リバプールのバス通りです。

「エリナー・リグビー」

「エリナー・リグビー」は、1966年1月に発売されました。

「レット・イット・ビー」

「レット・イット・ビー」は、1970年3月に発売されました。

ポール・マッカートニーが作詞・作曲、解散直前にリリースされました。

「ヒア・カムズ・ザ・サン」

「ヒア・カムズ・ザ・サン」は、1969年に発売されました。

ジョージ・ハリスンが作詞・作曲。

「ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス」

「ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス」は、1968年に発売されました。

ジョージ・ハリスンが作詞・作曲。

「ヘイ・ジュード」

「ヘイ・ジュード」は、1968年8月に発売されました。

ポール・マッカートニーが、ジョン・レノンの息子、ジュリアン・レノンを励ますために書いた曲だそうです。

「ヘルプ!」

「ヘルプ!」は、1965年7月に発売されました。

人気と過密スケジュールの中、助けを求める意味で書いたそうです。

「愛こそはすべて」

「愛こそはすべて」は、ジョン・レノンの作詞作曲で、ラブ&ピースを訴えるレノンの方向性が示されている曲だそうです。

6)まとめ

いかがでしたか?

映画イエスタディを観て言えることは、どんな時代でもビートルズの曲は素晴らしい!

ってことです。

いくつもの時代を経てもなおビートルズの曲は皆に愛され、多くのミュージシャンに歌われてきました。

ウォール・ストリート・ジャーナルの「史上最も人気のある100のロックバンド」で1位となったビートルズ!

今後、この映画イエスタディに匹敵するような作品は出てくるのでしょうか?

ビートルズの歌ほど、老若男女に浸透している作品はないのではないでしょうか?

このあり得ない世の中を描いた素晴らしい映画をきっと近いうちにまた観たくなると思います。

予告編観ただけでもトリハダものですよ!

U-NEXT

  

初回入会から30日間無料お試し!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

イエスタデイ オリジナル・サウンドトラック/オムニバス[CD]【返品種別A】
価格:2737円(税込、送料別) (2020/9/3時点)

楽天で購入

コメント

タイトルとURLをコピーしました