U-NEXTで感動する洋画20選!無料トライアル中にたくさん観よう

U-NEXT

こんにちは
映画マニアのワーキングマザー、ゆっちゃんです。

2007年にサービスを開始し、現在見放題作品数No.1の動画配信サービス「U-NEXT」。

映画 / ドラマ / アニメなどの動画だけではなく、マンガ / ラノベ / 書籍 / 雑誌など幅広いコンテンツを配信中。

ひとつのサービスで観るも読むも、お楽しみいただけます。

今回は、U-NEXTの感動する洋画を厳選して20選ご紹介しますね。

31日間の無料期間中にたくさん映画を観よう!!

見逃し配信バナー

日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>無料トライアル実施中!

U-NEXTの洋画を無料期間中にたくさん観る前に、きちんと仕組みを知らないと不安ですよね。

まずは、仕組みからご紹介させていただいて、興味があれば、無料トライアルにお申し込みしていただければと思います。

1)U-NEXTの仕組み

まずは、U-NEXTの仕組みをご紹介しますね。

項目内容
料金【月額プラン】月額2、189円(税込)
※毎月ポイントが1200ポイント(1ポイント1円)つくので、最新レンタルや漫画の購入に使える。
※ポイントの有効期間は、90日間。
【月額1490プラン】月額1、639円(税込)
※月額プランよりも毎月500円安い
※1年契約が必須(途中解約は5,000円)
※1200ポイントは付与されない
動画本数20万本以上(見放題18万本以上)  ※2020年5月現在
無料期間お申し込みから31日間
ジャンル洋画・邦画・ドラマ(国内外)・アニメ・キッズ・ドキュメンタリー・音楽・アイドル・バラエティ・アダルト
デバイスパソコン、スマホ、タブレット、テレビ、プレステ4
画質高画質HD(1080P) 4K(商品による)

月額2、189円(税込)で18万本以上が見放題だなんてうれしい悲鳴ですよね。

でも数が多すぎて何を観ようかなと困っている方もいると思います。

そんなあなたに、この映画は観て絶対に損はしませんよという作品をご紹介しますね!

今回は洋画編でご紹介しますのでぜひご参考になってください。

2)U-NEXTで感動する洋画20選

U-NEXTで感動する洋画を20作品ご紹介します。

U-NEXTには、洋画が6、000作品以上あり、その中から私が感動した!と思った映画を20作品選んでみました。

1919年の「カリガリ博士」から2020年の最新作までたくさんの映画がU-NEXTに詰まっています♪

観て損は絶対しませんので、ぜひ1度ご覧ください。

※本ページの情報は2020年10月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにて
ご確認ください。

3)U-NEXTで感動する洋画:アクション

U-NEXTで感動する洋画のアクションのジャンルをまずご紹介しますね。

・マトリックス

製作年:1999年

時間:136分

監督:ウォシャウスキー兄弟

出演:キアヌ・リーブス、ローレンス・フィッシュバーン、キャリー=アン・モス、ヒューゴ・ウィービング等

作品の解説:仮想現実空間を舞台に人類とコンピュータの戦いを描いたSFアクション。

仮想現実の世界を舞台に激しい戦闘シーンや、「バレット・タイム」と呼ばれる撮影方法(ネオがエビ反りで弾丸を避ける場面)は画期的で私たちを興奮させてくれました。

アカデミー賞で編集賞、視覚効果賞、音響賞、音響効果編集賞を受賞しました。

一言感想:この映画の主役ネオがエビぞりで弾が飛んでくるのを避けるシーン(バレットタイム)が一番印象に残り、「かっこいい!」と思った映画です。

こちらからご覧ください

・キングスマン

製作年:2014年

時間:129分

監督:マシュー・ボーン

出演:コリン・ファース、マイケル・ケイン、タロン・エガートン、マーク・ストロング、ソフィア・ブテラ等

作品の解説:監督は、『キック・アス』『X-MEN: ファースト・ジェネレーション』などのマシュー・ヴォーン。

最強スパイ組織のスパイのハリーを『英国王のスピーチ』のコリン・ファース、新人スパイのエグジーをタロン・エガートンが演じ、英国紳士のスタイリッシュなアクションと華やかな映像演出、エグジーがスパイとして成長していくストーリーで世界中で大ヒットした映画です。

007の格式の高さにタランティーノの破天荒さと映画愛が加わると「キングスマン」になる!と海外では高評価。

一言感想:マシンガンにもなるし防弾シールドにもなる傘、先端からナイフが飛び出る紳士靴など小細工が面白いです。

そして、スピーディでかつアクロバティックな動きにはウキウキして、心が躍ってしまいました。

こちらからご覧ください

・M:I-2

製作年:2000年

時間:124分

監督:ジョン・ウー

出演:トム・クルーズ、ダグレイ・スコット、タンディ・ニュートン、ビング・レイムス、リチャード・ロクスバーグ等

作品の解説:休暇中のイーサン・ハントの元に新たなミッションが届きます。

細菌兵器を狙う元同僚の陰謀を阻止、そして、そのためにまず女泥棒ナイア・ホールに接触せよ、というものでした……。

ミッション・インポッシブルの続編で、『男たちの挽歌』『フェイス/オフ』『レッド・クリフ』のジョン・ウー監督がメガホンを取りました。。

一言感想:女泥棒役のタンディ・ニュートンがとても魅力的で美しいです。

イーサンもすっかり惹かれてしまい、前作よりもラブロマンス色が強い感じがしました。

もちろんアクションシーンも満載で、バイクに乗ったトム・クルーズはカッコいい!!

こちらからご覧ください

・ワイルド・スピード スカイミッション

製作年:2015年

時間:138分

監督:ジェームズ・ワン

出演:ビン・ディーゼル、ポール・ウォーカー、ジェイソン・ステイサム、ミシェル・ロドリゲス、ドウェイン・ジョンソン等

作品解説:「ワイルド・スピード」シリーズの7作目。

前作で国際犯罪組織のオーウェン・ショウが逮捕され、その仇として現れたのが兄のデッカード・ショウ(ジェイソン・ステイサム)です。

「ソウ」シリーズのジェームズ・ワン監督が、派手なアクションをたくさん見せてくれます♪

一言感想:度肝を抜かれたのが、ビルからビルへ走り抜けるスーパーカー(ライカン・ハイパースポーツ)や飛行機から車ごと空から落ちてゆくシーン!!

初めて観るようなカーアクションにワクワクしてしまいました♪

最後に今は亡きポール・ウォーカーがスープラに乗って去っていくシーンがとても悲しかったです。

こちらからご覧ください

・インセプション

製作年:2010年

時間:148分

監督:クリストファー・ノーラン

出演:レオナルド・ディカプリオ、渡辺謙、ジョセフ・ゴードン=レビット、マリオン・コティヤール、エレン・ペイジ、トム・ハーディ等

作品解説:他人の脳に、ある意識を植え付ける「インセプション」の依頼を受けたコブ。

彼は、人が眠っている間にその潜在意識に侵入し、他人のアイデアを盗みだすという犯罪分野のスペシャリストであった。

自分の犯罪記録抹消と引き換えに危険な任務につくコブは、果たして成功するのでしょうか?

この作品は、アカデミー賞で撮影賞、視覚効果賞、音響編集賞、音響録音賞を受賞しました。

一言感想:他人の夢に入り込んで、その場面を映像として表現するノーラン監督の手腕には脱帽です。

また、脳内のアイディアを奪い合う産業スパイという設定も斬新で面白い。

こちらからご覧ください

・ダークナイト

製作年:2008年

時間:152分

監督:クリストファー・ノーラン

作品の解説:ノーラン監督のバットマン3部作の2作目です。

ジョーカーを演じた故ヒース・レジャーは、演じる際にピート・ドハーティやシド・ビシャスなど、ポップ・ミュージック界の問題児をお手本に演じたと語っています。

この作品は、全米で当時歴代2位となる5億ドルを超える興行収入を記録し、全世界興収も10億ドルの大ヒットを記録しました。

一言感想:CG嫌いのノーラン監督だからこそのシーンが、トレイラーの横転シーンです。

このシーンは、映画館で観たかったなぁって思うほどの迫力でした。

犯罪がはびこる街「ゴッサム・シティ」をイメージしたハンス・ジマーの重厚なテーマ曲が何ともカッコよいです!!

こちらからご覧ください

・ラストサムライ

製作年:2003年

時間:154分

監督:エドワード・ズウィック

出演:トム・クルーズ、渡辺謙、真田広之、小雪、ティモシー・スポール、トニー・ゴールドウィン、池松壮亮等

作品解説:南北戦争の英雄だったネイサン大尉は、明治維新後の日本へ侍文化を根絶やしにするため派遣されます。

しかし、サムライ魂を貫こうとする武将勝元にネイサンは多いに惹かれ、絆を深めていきます。

アカデミー賞助演男優賞に渡辺謙がノミネートされたのは、日本映画界にとっても画期的でした。

一言感想:アメリカが描く日本の武士道は、とかく極端で、「サムライ、ハラキリ、ゲイシャ、ニンジャ等」を日本人でも共鳴しないような興味本位的な薄い描き方がされているところが多かったような気がしますが、この映画は、武士道を真面目に美しく描いていると思いました。

それは、きっと役者の演技力もさることながら、「台詞」や「間(ま)」の取り方がとても上品に丁寧に表現されており、迫力あるBGM(ハンス・ジマー)が修飾されたからだと思います。

こちらからご覧ください

・ゴッドファーザー

製作年:1972年

時間:175分

監督:フランシス・フォード・コッポラ

出演:マーロン・ブランド、アル・パチーノ、ジェームズ・カーン、ロバート・デュバル、ダイアン・キートン等

作品の解説:ギャング映画の金字塔「ゴッドファーザー」は、現在観ても感動する名作中の名作です。

イタリア系アメリカ人のコルレオーネ一族の跡目争い、周囲のマフィアとの抗争など重厚なタッチで描かれています。

アカデミー賞で、作品賞、主演男優賞(マーロン・ブランド)、脚色賞を受賞しています。

一言感想:175分と長いのですが、全く長く感じませんでした。

飽きさせない演出や音楽やストーリーが良かったに他ならないからだと思います。

飽きるどころか、殺すまでの「間」の緊張感、教会場面と殺害場面の平行シーン、そこに壮大なBGM、などコッポラ監督の手腕に拍手してしまいました。

また、私は、映画音楽と映画は切っても切れない濃密な関係にあると思っています。

このゴッドファーザーのテーマは、映画の内容にぴったりの悲哀がこもった素晴らしいメロディーだと思います。

あ、また観たくなってきたので、これから観ようと思います♪

こちらからご覧ください

4)U-NEXTで感動する洋画:音楽

次に、U-NEXTで感動する洋画の音楽のジャンルをご紹介しますね。

・ボヘミアン・ラプソディ

製作年:2018年

時間:135分

監督:ブライアン・シンガー

出演:ラミ・マレック、ルーシー・ボーイントン、グウィリム・リー、ベン・ハーディ、ジョセフ・マッゼロ、エイダン・ギレン、トム・ホランダー、マイク・マイヤーズ等

作品の解説:世界的人気バンド「クイーン」のボーカルで1991年45歳の若さで亡くなったフレディ・マーキュリーを描いた伝記ドラマです。

見どころは、1985年に行われた20世紀最大のチャリティーイベント「ライブエイド」での圧巻のパフォーマンスをそっくりに再現した場面!!

アカデミー賞では、主演男優賞(ラミ・マレック)、編集賞、音響編集賞、録音賞の4部門受賞しています。

一言感想:ラスト20分のライブエイドのシーンは、鳥肌が立つほど感動します。

主演のラミ・マレックがライブエイドのフレディの動きを完コピして動いているシーンが必見です! そっくりです!

こちらからご覧ください

・スウイング・キッズ

製作年:2018年

時間:133分

監督:カン・ヒョンチョル

作品の解説:K-POPグループ「EXO」のD.O.が主演を務め、朝鮮戦争を背景にタップダンスチームが人種やイデオロギーを超えてダンスで絆を深めていく姿を描いた韓国映画です。

ブロードウェイミュージカルの最優秀ダンサーに授与される「アステア賞」の受賞者であるジャレッド・グライムスがジャクソン役を演じています。

一言感想:ビートルズ、デヴィッド・ボウイ、ベニー・グッドマンなど耳障りの良いゴキゲンなナンバーに合わせて、ダンスしているシーンはウキウキしてきます。

鬱屈した収容所の中で、タップダンスという生きがいに目覚めた5人の男女、思いのたけを吐き出すようにダンスする最後の舞台でのシーンは鳥肌が立ちました。

そして、踊り終わって覚悟を決めたD.O.のまっすぐな眼差し。。

彼の演技力とダンスのうまさに、これからの活躍がとても楽しみな俳優だと思いました。

※詳細はこちらをご覧ください👇

映画スウイング・キッズ世界中が歌とダンスが好きなら、きっと平和だ

こちらからご覧ください

・グレイテスト・ショーマン

製作年:2017年

時間:105分

監督:マイケル・グレイシー

出演:ヒュー・ジャックマン、ザック・エフロン、ミシェル・ウィリアムズ、レベッカ・ファーガソン、ゼンデイヤ等

作品の解説:19世紀アメリカの実在の興行師P・T・バーナムの半生を描いたミュージカルです。

様々な個性を持った日陰で生きてきた人たちを集めて、誰も観たことがないようなショーを行い、大きな成功をおさめますが、その先にはいくつもの波乱が待ち受けています。

ゴールデングローブ賞で主題歌賞を受賞しています。

一言感想:ザック・エフロンがこんなにダンスと歌がうまいだなんて驚いたと同時に感動しました。

また、サウンドトラックの曲が素晴らしく、特に「The Greatest Show」は、鳥肌が立つほど大好きな曲です。

こちらからご覧ください

5)U-NEXTで感動する洋画:ロマンス

次に、U-NEXTで感動する洋画のロマンスのジャンルをご紹介しますね。

・タイタニック

製作年:1997年

時間:189分

監督:ジェームズ・キャメロン

出演:レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ウインスレット、ビリーゼイン等

作品解説:1912年に起きたタイタニック号沈没事故をモチーフにした恋愛ヒューマンドラマです。

日本では1、300万人を動員し、興行収入262億円の歴史的大ヒットを記録。

そして、セリーヌ・ディオンの主題歌も大ヒットしました。

全世界興収歴代第2位、アカデミー賞歴代最多11部門を受賞という偉業を成し遂げた作品です。

一言感想:189分の長さを感じさせないほどストーリーにのめりこんでしまいました。

タイタニック号が沈没していくシーンは、とても迫力があり、リアリティがあります。

こちらからご覧ください

6)U-NEXTで感動する洋画:ヒューマン・ドラマ

次に、U-NEXTで感動する洋画のヒューマンドラマのジャンルをご紹介しますね。

・ショーシャンクの空に

製作年:1994年

時間:143分

監督:フランク・ダラボン

出演:ティム・ロビンス、モーガン・フリーマン、ボブ・ガントン、ウィリアム・サドラー、クランシー・ブラウン等

作品の解説:スティーブン・キングの「塀の中のリタヘイワース」を映画化したヒューマンドラマです。

公開当時、この作品は『フォレスト・ガンプ』や『パルプ・フィクション』『スピード』の影に埋もれてしまいましたが、批評家達から高い評価を受け、その後ビデオ販売やレンタルによって、徐々に人気を獲得し、ファンを広げていったようです。

一言感想:刑務所に冤罪で投獄されてしまった主人公のアンディは、その境遇に負けることなく前向きに生きていく姿勢、あきらめない姿勢に感動しました。

仮釈放の申請を何度も受け続けいてるレッドとのやり取りも微笑ましい。

そして、何といっても最後に嬉しい気持ちになる映画には違いありません!

こちらからご覧ください

7)U-NEXTで感動する洋画:SF&ファンタジー

次に、U-NEXTで感動する洋画のSF&ファンタジーのジャンルをご紹介しますね。

・アナと雪の女王

製作年:2013年

時間:102分

監督:クリス・バック、ジェニファー・リー

出演(声):クリステン・ベル、イディナ・メンゼル、ジョナサン・グロフ、ジョシュ・ギャッド等

作品解説:王家の姉妹、エルサとアナ。

触れたもの全てを凍らせてしまう“禁断の力”を隠し続けてきた姉エルサは、その力を制御できずに王国を冬にしてしまいます。

凍った王国と雪の女王となってしまったエルサを取り戻すためにアナは、山男クリストフ、スヴェン、雪男オラフと共に雪山へ向かいます。

アカデミー賞では、長編アニメーション賞、主題歌賞を受賞。

ゴールデングローブ賞では最優秀長編アニメーション映画賞を受賞しています。

一言感想:雪だるまなのになぜか夏が好きで、溶けちゃうだなんてとてつもなく悲しいことなのに笑ってしまいました。

だから、オラフが一番好きです♪

主題歌の「let it go」が耳に張り付き、記憶に残りますね。

こちらからご覧ください

・ハリーポッターと賢者の石

製作年:2001年

時間:152分

監督:クリス・コロンバス

出演:ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン、リチャード・ハリス、マギー・スミス、アラン・リックマン等

作品解説:両親を亡くし、意地の悪い伯母夫婦の家庭で孤独に育った少年ハリー・ポッターは、11歳の誕生日を迎えた日、ホグワーツ魔法魔術学校から入学の招待状が届きます。

そのことをきっかけに、亡くなった両親が魔法使いだったことや、自身もその血を受け継いだ魔法使いであることを知ったハリーは、ホグワーツに入学し、ロンとハーマイオニーら仲間とともに学園生活を送る中で自分の能力に目覚めていきます。

この原作は、イギリスの女性作家J.K.ローリングが執筆し、78か国で翻訳され、世界で4億5千万部を売り上げた大ベストセラーです(シリーズ全体)。

一言感想:単に子供向けではなく、大人も子供も万人に受ける大ヒット作ですね。

いろいろな魔法を使ったシーンが楽しくてウキウキしました。

こちらからご覧ください

・E.T.

製作年:1982年

時間:115分

監督:スティーブン・スピルバーグ

作品解説:仲間とはぐれたE.T.(エキストラ・テレストリアル)は、10歳の少年エリオットと出会います。

自宅のクローゼットに隠して、こっそり住まわしていましたが、日がたつにつれ2人は親友になっていきます。

しかし、E.T.を追うNASAの姿がありました。

地球外生命体のE.T.は、「甲羅のない亀のような姿」で「落ち着きのない目」というコンセプトで作られたそうです。

一言感想:E.T.の声や動きが何ともカワイイ。

孤独な少年エリオットとE.T.の仲だけではなく、エリオットの兄やその友人、そして最後には母親たちもE.T.を守るために頑張ってくれるシーンに感動します。

そして、自転車で空を駆け抜けるシーンとその時にかかるジョン・ウィリアムズの音楽が素晴らしい!

こちらからご覧ください

・アルマゲドン

製作年:1998年

時間:150分

監督:マイケル・ベイ

出演:ブルース・ウイルス、ビリー・ボブ・ソートン、リブ・タイラー、ベン・アフレック等

作品解説:18日後に小惑星が地球に衝突するということが発覚。

NASAは、小惑星に核爆弾を仕込んで爆発させ真っ二つにし、軌道を変えて地球を救おうと計画し、ある男に白羽の矢をたてます。

エンディングで流れるエアロスミスの「ミス・ア・シング」がまた、映画に感動の上乗せをしてくれます。

出演者のリブ・タイラーは、エアロスミスのボーカル、スティーブンタイラーの娘です。

一言感想:アカデミー賞で視覚効果賞、音響賞を受賞しているだけあり、画面から飛び出すような迫力ある場面が多いです。

内容は荒唐無稽で失笑してしまう部分もありますが、ラストはまるで鉄腕アトムが地球を救ったような、そういう涙を誘う感動シーンが用意されています。

そして、エアロスミスのエンディング曲が素晴らしい!

こちらからご覧ください

・ジュラシック・パーク

製作年:1993年

時間:127分

監督:スティーブン・スピルバーグ

出演:サム・ニール、ローラ・ダーン、ジェフ・ゴールドブラム、リチャード・アッテンボロー等

作品解説:生物学者グラントと恋人の古代植物学者サトラーは、最新テクによりクローン再生された恐竜たちが生息する究極のテーマパークに招待されます。

しかし、思わぬトラブルが続出し、恐竜たちが檻から逃げ出し、グラントたちは窮地に陥ります。

この作品は、アカデミー賞で視覚効果賞・音響賞・音響効果編集賞を受賞。

恐竜ブームの火付け役と言っても過言ではない映画です。

一言感想:とにかく出てくる恐竜が楽しいです♪

ティラノサウルス、トリケラトプス、ブラキオサウルスなどリアリティある姿に嬉しくなってしまいました。

こちらからご覧ください

・ロード・オブ・ザ・リング

製作年:2001年

時間:178分

監督:ピーター・ジャクソン

出演:イライジャ・ウッド、イアン・マッケラン、リブ・タイラー、ヴィゴ・モーテンセン、

作品解説:世界的ベストセラーであるJ・R・R・トールキンの「指輪物語」を映画化した傑作ファンタジー3部作の第1部です。

闇の冥王サウロンが世界を滅ぼす魔力を封じた「指輪」を託されたホビット族のフロド。

その指輪を滅びの山の火口・滅びの罅裂に投げ込むためにフロドは、人間やエルフ、ドワーフの各種族から集まった旅の仲間9人とともに幾多の危険が待ち受ける旅に出るのでした。

アカデミー賞で撮影賞、作曲賞、視覚効果賞、メイクアップ賞を受賞しています。

一言感想:いろいろな能力を持つ9人の団結力がとても見ごたえがあります。

美しい風景と音楽とストーリーが素晴らしいです。

年に1回は観ていきたい作品です。

こちらからご覧ください

・インデペンデンス・デイ

製作年:1996年

時間:145分

監督:ローランド・エメリッヒ

出演:ウィル・スミス、ビル・プルマン、ジェフ・ゴールドブラム、メアリー・マクドネル等

作品の解説:地球侵略を企む異星人と人類との3日間の攻防を描いたSFパニック映画です。

最新のデジタル技術のSFXを駆使し、数千人のエキストラを使ったスペクタクル場面の迫力が圧巻です。

特に、ホワイトハウスが一瞬にして破壊される衝撃的な場面は迫力があります。

アカデミー賞で視覚効果賞を受賞しています。

一言感想:パニック映画であっても暗く重苦しい部分はなく、どちらかというとコミカルで笑えるシーンもあります。

ヒューマン要素もあり、統率力のある大統領、人類のために命を投げ出そうとする飛行機乗りなど、連携し合い、立ち向かっていく様子は感動しますね。

こちらからご覧ください

8)まとめ

いかがでしたか?

U-NEXTで観ることのできる感動する洋画を20選ご紹介しました。

無料期間中にすべての映画を観ることは難しいですよね。

良い映画をたくさん観たい方には、まずは上記の作品を鑑賞していただくことをお勧めします。

私もこれからたくさん映画を観て楽しい人生を送りたいと思います♪

映画観るなら<U-NEXT>

コメント

タイトルとURLをコピーしました