アマゾンプライムビデオのおすすめ洋画10選【とにかく面白い!】

ゆっちゃんの映画ブログアマゾンプライムビデオ

こんにちは
映画マニアのワーキングマザー、ゆっちゃんです。

皆さんは、通販サイトは何をお使いですか?

私はもっぱらAmazonプライム会員の特典を使いまくっています♪

 

アマゾンプライムビデオは、通販サイトAmazonの有料会員の特典の中の1つになります。

対象となっている動画を見放題で観ることができます。

月額408円~500円で下記の特典が利用できるなんて破格ですよね!

・洋画・邦画・アニメ・バラエティ・ドラマ等見放題

・音楽200万曲が聞き放題

対象の漫画・雑誌の読み放題

・配送料が無料

・保存容量が無制限のAmazon Photo

・ネット上で気に入った服1~6着を自宅で7日間試着して気に入ったものをオンラインで購入できるPrime Wardrobe

今回は、アマゾンプライムビデオでおすすめのとにかく面白い洋画を10選ご紹介しますね。

レンタル・購入【月替わり】見放題対象外の作品がお得にレンタルできるキャンペーン!

1)アマゾンプライムビデオの概要

まずは、アマゾンプライムビデオの概要をご紹介しますね。

項目内容
料金◆月間プラン(500円/月)
※年間:6、000円(500円×12か月)
◆年間プラン(4、900円/年)
※年間プランの方が、1、100円おトクにご利用できます。
2つのプランの違いは料金の違いのみで、サービス内容はどちらも同じです。
◆学生限定プラン(2、450円/年)
※月額250円
動画本数1万本以上
無料期間31日間
ジャンル映画 ・ ドラマ ・ アニメ ・バラエティなど
デバイススマートフォン、タブレット、パソコン、テレビ、ゲーム機など
※ダウンロードしてオフラインで視聴可能です。
画質SD(480p)、HD(720p)、フルHD(1080p)、4K(2160p)

年間プランに申し込むと、実質月408円!

ワンコイン以下でのこのサービスは破格ですね。

また、Amazonプライムビデオはすべて見放題というわけではありません。

下記の3つに分かれます。

有料の場合は、作品の左上に¥マークがついています。

見放題・・・プライム会員なら無料で見れます。作品の左上にレ点がついています。

レンタル・・・102円~500円程度。
※レンタル期間は30日間。視聴開始から24時間・48時間で終了。

購入・・・800円~2500円程度。
※1500円くらいの作品が一番多いようです。

2)アマゾンプライムビデオのおすすめ洋画10選

次にアマゾンプライムビデオのおすすめ洋画10選をご紹介しますね。

購入もできますが、31日間の無料期間中には申し込み後、すぐに観ることができますよ。

※本作品の配信情報は2022年7月時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはアマゾンプライムビデオのホームページもしくはアプリをご確認ください。

・007 ノー・タイム・トゥ・ダイ

製作年:2021年

時間:164分

監督:キャリー・ジョージ・フクナガ

出演:ダニエル・クレイグ、ラミ・マレック、レア・セドゥー、ラシャーナ・リンチ、ベン・ウィショー、ナオミ・ハリス、レイフ・ファインズ等

作品の解説:「007」シリーズ25作目の作品です。

引退したボンドですが旧友フィリックスから助けを求められます。

そして、ボンドは、再び危険なミッションへ足を踏み入れてしまうのでした。

今回は、6人目のボンドをこなしてきたダニエル・クレイブの卒業作。

「ボヘミアン・ラプソディ」で主演を務めたラミ・マレックが、悪役で出演します。

第94回アカデミー賞では、主題歌賞を受賞しています(ハンス・ジマー)。

一言感想:カーアクションやバイクのシーンなど、魅力的なアクションシーンが満載です。

007シリーズは、あまり観たことは無かったのですが、ラミ・マレックが悪役で出演と聞き、とても興味を持ち鑑賞しました。

とにかく飽きさせることがなく、話の中へ引きずり込まれていきました。

でも、最後の最後に「ええっ!」って驚いてしまいました。

この作品は、007シリーズの大きな区切りの作品でもあったんですね。

ゆっちゃんの映画ブログ

こちらの画像をクリックしてご覧くださいね(Amazonプライムビデオより)

・プロミシング・ヤング・ウーマン

製作年:2020年

時間:113分

監督:エメラルド・フェネル

出演:キャリー・マリガン、ボー・バーナム、アリソン・ブリー、クランシー・ブラウン、ジェニファー・クーリッジ、ラバーン・コックス、コニンー・ブリットン等

作品の解説:俳優やクリエイターとしても活躍していたエメラルド・フェネル監督の長編映画第1作目の映画です。

主人公は、ある事情で毎夜のように酒場で酔ったふりをして、同意なしで襲ってくるクズ男たちに痛い目を合わせているが、そこには大きな目的があったのです。

主演は、「17歳の肖像」「華麗なるギャツビー」のキャリー・マリガンで、製作総指揮にも参加しています。

また、「スーサイド・スクワッド」のマーゴット・ロビーが製作を務めています。

一言感想:POPな音楽で軽いノリのラブコメのように見せながら、ズドン!と胸を貫くような重いテーマを突き付けられた作品です。

主役のキャリー・マリガンのファッションや色遣いが、「スーサイド・スクワッド」のマーゴット・ロビーを彷彿とさせるものがありました。

今まで見たことがないストーリー設定に驚きと感動を覚え、終わった後にしばらく呆然とした余韻が残りました。

彼女にとって、これだけはやり遂げなきゃいけないことがあったってことなんですね。

ゆっちゃんの映画ブログ

こちらの画像をクリックしてご覧くださいね(Amazonプライムビデオより)

・OLD(オールド)

製作年:2021年

時間:108分

監督:M・ナイト・シャマラン

出演:ガエル・ガルシア・ベルナル、ビッキー・クリープス、アレックス・ウルフ、トーマシン・マッケンジー、ルーファス・シーウェル、ケン・レオン、ニキ・アムカ=バード等

作品の解説:「シックス・センス」のシャラマン監督が、ある場所へたどり着いたとたんに急激なスピードで年老いていく家族たちの混乱と恐怖・サバイバルを描いたホラーサスペンス。

主人公一家の父親に、「モーターサイクル・ダイアリーズ」のガエル・ガルシア・ベルナル、「ジョジョ・ラビット」のトーマス・マッケンジーが出演しています。

アルフレッド・ヒッチコック監督のように自分の映画にほんの少し出演することをシャラマン監督は今回もやっていますが、顔見せどころか、きちんとした役として出演しています。

一言感想:なかなか斬新な発想で面白いです。

そのビーチに行くと、1日に50年の時間が過ぎてしまうということです。

子供たちの成長や親の老化があっという間に進み、たどり着いたばかりの高齢者はあっという間に死んでしまう・・・。

この先どうなるんだろうとハラハラドキドキと見続けてしまいました!

でも、謎のまま終わり、悲劇的なラストを迎える内容ではなく、きちんと結論を出しているところが、すっきりしましたが、海外ではそこがイマイチと言っている批評家もいるようですね。

ネタバレ的なことは言えませんが、コロナ渦にこの映画が作られたってことに大きな意義があるのかもしれません。

それを知りたい方は、ぜひこの作品を最後まで観てくださいね。

ゆっちゃんの映画ブログ

こちらの画像をクリックしてご覧くださいね(Amazonプライムビデオより)

・ガンズ・アキンボ

製作年:2019年

時間:98分

監督:ジェイソン・レイ・ハウデン

出演:ダニエル・ラドクリフ、サマラ・ウィービング、ナターシャ・リュー・ボルディッゾ、ネッド・デニヒー等

作品の解説:主人公マイルズはゲーム会社のプログラマー。

憂さ晴らしに殺し合いを生配信するサイト「スキズム」に言いたい放題書き込んでいたら、そこの闇サイトの組織に攻撃されてしまい、気が付くと両手にはボルトで拳銃が固定されてしまった。

しかも最強の殺し屋ニックスを24時間以内に殺せという指令が下ってしまう。

ちなみにアキンボとは、二丁拳銃のこと。

主人公マイルズを演じるのは、「ハリーポッター」シリーズのダニエル・ラドクリフ。

ジェイソン・レイ・ハウデン監督は、「アベンジャーズ」「ホビット」で視覚効果を手掛け、2015年には「デヴィルズ・メタル」というグロくてハチャメチャなスプラッターホラー映画を製作しています。

一言感想:とにかく全員クレイジー!

過酷なデス・ゲームに参加させられている二丁拳銃を持つマイルズの始終パニくりながらも転がるように逃げまどい、時には拳銃をぶっぱなすシーンは、思わず笑ってしまいます。

そんな役を「スイス・アーミー・マン」でこれまたへんてこりんな死体役をこなしたダニエル・ラドクリフが見事やってしまっています!

ハリーポッターの面影がいずこへ・・・。

ゆっちゃんの映画ブログ

こちらの画像をクリックしてご覧くださいね(Amazonプライムビデオより)

・ウィリーズ・ワンダーランド

製作年:2020年

時間:88分

監督:ケビン・ルイス

出演:ニコラス・ケイジ、エミリー・トスタ、リック・ライツ、クリス・ワーナー、カイ・カドレク等

作品の解説:ニコラス・ケイジが主演・製作を務めたアクション・コメディ・ホラー映画です。

タイヤがパンクし、通りがかりの男に助けてもらうが、修理代1000ドル請求されてしまいます。

現金を持っていない主人公は、現金の代わりに娯楽施設「ウィリーズ・ワンダーランド」で1日だけ清掃をすると約束します。

しかし、そこにいたアニマルロボットたちに襲われてしまう事態になるのでした。

2020年に公開予定でしたが、コロナの影響で2021年に延期になっています。

PCやスマホのゲーム「Five Nights at Freddy’s」をモチーフにした作品で、2016年の短編映画「Wally’s Wonderland」から着想を得たそうです。

一言感想:ニコラス・ケイジのセリフなしで戦いまくるシーンが独特です。

へんてこりんなアニマルロボットとの戦いを描いているのですが、これでもかという風にニコラス・ケイジが叩きのめしていくシーンは爽快です。

典型的なB級ホラー映画で、何度も観たいとは思いませんが、楽しめました。

ゆっちゃんの映画ブログ

こちらの画像をクリックしてご覧くださいね(Amazonプライムビデオより)

・キーパー ある兵士の奇跡

製作年:2018年

時間:119分

監督:マルクス・H・ローゼンミュラー

出演:デビッド・クロス、フレイア・メーバー、ジョン・ヘンショウ、ハリー・メリング、デイブ・ジョーンズ、マイケル・ソーチャ等

作品の解説:イギリスの国民的ヒーローとして活躍した元ナチス兵のバート・トラウトマンの実話を基に描いた感動ドラマです。

2019年のドイツのバイエルン映画祭では最優秀作品賞を受賞、各国の映画祭で数々の観客賞を受賞!

イギリスの捕虜となったトラウトマンは、収容所でサッカーをしていた時に地元チームにスカウトされ、その後名門マンチェスターシティFCにゴールキーパーとして入団することになります。

元ナチス兵ということでトラウトマンは、想像を絶する誹謗中傷を浴びますが、ひたすらゴールを守り抜き、イギリスの国民的英雄にまで成り上がるのですが・・・。

監督は、2019年に子供向けの映画「マジカルミラー/もう一人の僕」の監督をしています。

トラウトマン役は、「愛を読むひと」のデビッド・クロス、妻のマーガレット役は「サンシャイン 歌声が響く街」のフレイア・メーバーが熱演。

監督は、単なるスポーツマンシップの話だけではなく、敵対する国同士の和解を描くには、謝罪する側と謝罪を受け入れる側の両方を描くことが大切だと言っています。

そして、個人の行った素晴らしい功績だけではなく、傍観者でいることの罪深さにも注視し、この完ぺきではない世界で苦悩しながらも平和な世界を望む人々を描きたかったと言っています。

一言感想:敵対する国同士を一人のアスリートが、スポーツを通じて平和の懸け橋となるということは何て素晴らしいのだろうと思う。

スポーツに国境はない!

ってこういうことなんですね。

でも、トラウトマンの技術力や人間性だけではなく、戦後間もない中、彼を一人の選手として評価し応援してきた人たちにもエールを送りたい。

純粋にスポーツを愛する人たちがいたからこそ、本物の優秀な選手が生まれたんですよね。

「愛を読むひと」で子役だったデビッド・クロスですが、三十路を過ぎても変わらない若さを見せてくれました。

引用元:シネマトゥデイ

ゆっちゃんの映画ブログ

こちらの画像をクリックしてご覧くださいね(Amazonプライムビデオより)

・アオラレ

製作年:2020年

時間:90分

監督:デリック・ボルテ

出演:ラッセル・クロウ、カレン・ピストリアス、ガブリエル・ベイトマン、ジミ・シンプソン等

作品の解説:オスカー俳優ラッセル・クロウが、煽り運転の常習犯として、相手を執拗に追い詰めていくスリラーです。

息子を乗せた母親が、信号待ちしていた時に青になってもなかなか前の車が発射しないため、クラクションを鳴らしますが無視されたため、追い抜いていきます。

その前の車に乗っていた男が煽り運転の常習犯だと後で知った時には、すでにターゲットにされ、執拗に追われることになるのでした。

母親役は、「移動都市 モータルエンジン」「否定と肯定」のカレン・ピストリアスが演じています。

この映画の邦題は、「アオラレ」ですが、原題は「unhinged」、精神的に不安定という意味です。

煽り運転は、「road-rage」という言葉があります。

この映画のテーマは、煽り運転ではなく、精神的に不安定になった男が自分を抑えきれずに暴走してしまうというところにあります。

ラッセル・クロウは、ものすごい太っていますが、これはデニーロアプローチのような役作りではなく、太って見えるスーツを着用したそうです。

2008年「ワールド・オブ・ライズ」の時は、28㎏も増量したそうなんですが、今回は自信なかったとのことです。

ちなみに2016年「ナイスガイズ!」では、23kg減量したそうです!

一言感想:この邦題とラッセル・クロウがこっちを睨んでいるポスターを見た時には、恐怖におののいてしまったと同時に、あらすじ見なくても、ラッセルがあおり常習犯のクレイジーなやつだろうってわかっちゃいました。

以前、見えない恐怖を描いた「激突!」や八つ当たりだらけのサラリーマンの「フォーリングダウン」を思い出しましたが、このラッセルの睨みはすごい!!

とことん相手を追い詰めて悪役に徹しきる役を、ラッセルは見事演じきった感じですね。

これからもラッセル・クロウにはぜひ、サイコキラー役を演じてもらいたいです。

ゆっちゃんの映画ブログ

こちらの画像をクリックしてご覧くださいね(Amazonプライムビデオより)

・ブラック・レイン

製作年:1989年

時間:125分

監督:リドリー・スコット

出演:マイケル・ダグラス、アンディ・ガルシア、高倉健、松田優作、ケイト・キャプショー、若山富三郎、神山繁、ガッツ石松、内田裕也、小野みゆき、國村隼、安岡力也、ルイス・ガスマン等

作品の解説:大阪の街を舞台にした日米の刑事たちとやくざの戦いを描いたポリス・アクション映画。

監督は、「ブレードランナー」「エイリアン」で名を挙げたリドリー・スコット。

撮影には、「ダイハード」「レッド・オクトーバーを追え!」等のヤン・デ・ボン。

音楽は、数えきれないほどの曲を作ったヒットメイカー、ハンス・ジマー。

 

松田優作の遺作にもなりましたが、彼が演じる佐藤役には、当時そうそうたる役者がオーディションを受けたそうです。

萩原健一、根津甚八、小林薫、世良公則、遠藤憲一等が佐藤役のオーディションに参加したそうですが、松田優作の圧倒的な演技力に完敗だったそうです。

 

また、高倉健の演じる松本役には、マイケルダグラスと親交のあった坂本龍一が挙がっていたそうですが、彼は、「この役は渋い役者がやるべきだ」と言ったそうです。

そんなこんなでこの名作は出来上がったわけですね。

一言感想:私は、映画には音楽が欠かせないと思っています。

この作品の音楽はハンス・ジマーが担当なんですが、サントラ盤を購入するほど気に入ってしまいました。

また、松田優作の怪演と言いましょうか、「ヤバい」感じの目つきで大きな身体を使って、颯爽と動き回る姿はとてもスタイリッシュでかっこよいです。

この映画は、松田優作がいなきゃ成り立たないと言っても良いですね。

主役のマイケル・ダグラスを思い切り食ってしまった感じです。

本当に惜しい役者さんを早々に亡くしたなぁって感じました。

ゆっちゃんの映画ブログ

こちらの画像をクリックしてご覧くださいね(Amazonプライムビデオより)

・スペシャルズ! 政府が潰そうとした自閉症ケア施設を守った男たちの実話

製作年:2019年

時間:114分

監督:エリック・トレダノ  オリビエ・ナカシュ

出演:バンサン・カッセル、レダ・カティブ、エレーヌ・バンサン、ブライアン・ミヤルンダマ等

作品の解説:ヒット作「最強の2人」のエリック・トレダノとオリビエ・ナカシュが描いた自閉症の青少年たちを救うべく毎日奔走している男たちの物語。

ブリュノが運営する自閉症の青少年を支援する団体「正義の声」とマリクが運営する社会からドロップアウトした子供たちを教育する「寄港」。

「正義の声」で働くのは、「寄港」の子供たち。

ブリュノとマリクは実在の人物をモデルにしているそうです。

ブリュノを演じるのは、「ドーベルマン」「ブラック・スワン」のバンサン・カッセル。

マリクは、「世界の果ての鼓動」を演じたレダ・カティブ。

本物の介護者と自閉症の若者やその家族たちが出演しています。

一言感想:バンサン・カッセルが、こういう明るく前向きな頑張る役を演じるんだなと意外に感じました。

「ドーベルマン」「ブラック・スワン」等どちらかというと暗い感じのイメージがあったからです。

無認可で赤字経営で閉鎖の危機に追い込まれても尚頑張りぬく2人のパワーに感動しました。

プライベートでも携帯が鳴れば、そっちを優先する。

ひっきりなしにトラブルが発生。

それでも2人は「何とかする」を合言葉に進んでいきます。

こういう人たちが、人を動かし、国を動かしていくんだろうなと思う。

ゆっちゃんの映画ブログ

こちらの画像をクリックしてご覧くださいね(Amazonプライムビデオより)

・ゴッド・ファーザー

製作年:1972年

時間:175分

監督:フランシス・フォード・コッポラ

出演:マーロン・ブランド、アル・パチーノ、ジェームズ・カーン、ロバート・デュバル、ダイアン・キートン、リチャード・カステラーノ、ジョン・カザール、アルベルト・デ・マルチーノ等

作品の解説:マリオ・プーゾのベストセラー小説を若きフランシス・フォード・コッポラが映画化した映画史に残る壮大なマフィア映画です。

イタリアのシチリアからアメリカへ進出したドン・コルレオーネ一族と周囲のマフィアとの血なまぐさい抗争がドラマチックに描かれています。

第45回アカデミー賞(1972年)では、10部門にノミネート、3部門受賞!(作品賞・主演男優賞・脚色賞)。

今年(2022年)は、公開50周年を記念して、あちこちで劇場公開されていますが、先日7月6日に長男役のソニーを演じたジェームズ・カーンが82歳で逝去したという悲しいニュースも入ってきました。

アルパチーノが演じたマイケル役には、当時ウォーレン・ベイティ、ジャスティン・ホフマン、ジャック・ニコルソン、ロバート・レッドフォード、ロバート・デ・ニーロなどの名前が挙がっていたそうですよ♪

一言感想:ゴッドファーザーは、何回鑑賞したでしょうか。

ニーノ・ロータのテーマ曲も頭にこびりついています。

ファミリー内のいざこざや周りのマフィアとの血なまぐさい抗争など、明るい話ではないですが、なぜか見入ってしまいます。

一人一人のキャラクター像を丁寧に描き、人間関係や心理描写など観ている者にスムーズに理解できるように伝えてくれるからでしょうか。

先日亡くなったジェームズ・カーン演じるソニーは、とても短気でけんかっ早いですが、ムードメーカーでもあり、一族には欠かせない人物でした。

だからこそのあの衝撃的な殺され方!

この時の撮影裏話ですが、このシーンの時にジェームズ・カーンは体に血が入った爆竹を127個身に着け、車には200以上の爆竹用の穴がドリルで開けられていたそうです。。

ゆっちゃんの映画ブログ

こちらの画像をクリックしてご覧くださいね(Amazonプライムビデオより)

まとめ

いかがでしたか?

アマゾンプライムビデオでおすすめできる洋画を10選ご紹介しました。

とにかく面白い!

毎月見切れないほどの映画を紹介してくれるアマゾンプライムビデオには感謝感謝です。

新しい映画や古い映画やとにかくこれからも感動する面白い映画を皆さんにご紹介していきますね!

邦画にご興味ある方は、こちらの記事もどうぞご覧ください。

👇

アマゾンプライムビデオのおすすめ邦画5選【どれも傑作ぞろい!】

コメント

タイトルとURLをコピーしました