【ネタバレ】ランボーのあらすじと感想。悲しきソルジャーの孤独!

洋画

こんにちは
映画マニアのワーキングマザー、ゆっちゃんです。

私は、昔から映画が大好きです。

学生時代、運動部だったのですが、「ロッキー3」でロッキーとアポロが海辺を全力疾走するシーンに興奮して、自分の体も鍛えていました。

同じころに、「ランボー」も封切になり、「ロッキー」とは違うスタローンに大きな魅力を感じたものでです。

ベトナム帰還兵の悲しきソルジャーの苦しみや孤独を描いた、戦争について大いに考えさせられる作品です。

ちなみに、「ランボー」の原題は、「The first Blood」。

これを直訳すると、「最初の血」。

ここから転じて、「どちらが先に仕掛けたか?」というテーマにつながるとのことです。

今回は、ネタバレ含んじゃいますが、ランボーのあらすじと感想をご紹介しますね。

1)ランボーのあらすじとネタバレ

最初にランボーのあらすじをご紹介します。

ネタバレ含みますので、ご注意くださいね。

主人公のベトナム帰還兵のジョン・ランボー(シルヴェスター・スタローン)は、ベトナム戦争時代の友人を訪ねますが、その友人は戦争の後遺症ですでに死んでおり、仕方なく近くの町に立ち寄ります。

ランボーが町を歩いていると、保安官ティールズに声を掛けられました。

ランボーの身なりや鋭い顔つきを見て、面倒を起こしそうだと勝手に判断し、町から追い出そうとしますが、ランボーは黙って町に戻ろうとします。

そこで保安官たちは、ランボーを不当に逮捕してしまい、ひどい仕打ちをするのです!!

ところが、保安官がランボーの髭をかみそりで剃ろうとしたところ、ベトナム戦争時代に拷問された場面がよみがえり、暴れてしまいます。

そして、バイクを盗んで山奥へ逃走してしまいました。

ティールズ保安官たちは、警察犬やヘリコプターを使ってランボーを追いつめます。

そしてガルト保安官がヘリコプターでランボーを銃撃しますが、ランボーが投げた石がヘリに当たり墜落してガルト保安官は死んでしまいます。

ランボーは、これは事故だと言いますが、同僚を殺されたティールズは、復讐に燃え、執拗に追うことに。

その後、ティールズらはランボーが特殊部隊“グリーンベレー”出身で栄誉勲章を持つ戦争の英雄であることを知ります。

ティールズは、何としても自分の手でランボーを捕まえたいと思ったのですが、どうやってもランボーがうわてで、結局ティールズは、首にナイフを突きつけられ、もう手を引いてくれと言われてしまうのです。

そして、州警察と州兵部隊がランボーを逮捕するため、動員されることになり、マスコミも事件を聞きつけ、町は大騒ぎとなってしまいました。

ランボーの元上官であるトラウトマン大佐がきて、ランボーをいったん逃がして、落ち着いた頃に捕まえようと提案しますが、復讐に燃えているティールズ保安官の耳には入りません。

トラウトマン大佐は、無線でランボーに投降を呼びかけますが、仕掛けてきたのは向こうだと言い張り、投降に応じませんでした。

廃坑に逃げ込んだランボーに州兵がロケット弾を撃ち込みます。

これで誰もがランボーは死んだと思いましたが、なんと生きていたのです。

トラウト大佐は、ティールズ保安官に手を引くように言いますが、聞き入れず、ランボーを追います。

ランボーも追ってくるティールズに対抗するため、銃を撃ち、保安官事務所に突入します。

そして、ティールズ保安官にとどめを刺そうとするのですが、トラウトマン大佐が止めました。

「もう戦争は終わったんだ」と投降するように促しますが、ランボーは、

「まだ何も終わっちゃいない! 戦争は続いているんだ」と反論しました。

そして続けて言います。

ベトナムから帰国した空港での心無い罵声、アメリカに戻ってみれば駐車場の警備員の仕事にすら就けない現状、そして終戦から7年経っても未だに自分を苦しめ続けるトラウマの数々を涙を流しながら訴えるのでした。

元上官のトラウトマン大佐は、泣きじゃくるランボーを優しく抱えて、投降するのでした。

2)ランボーの予告編

映画を観る前に、一度ぜひランボーの予告編をご覧ください。

きっと早く映画が観たいって思いますよ!

3)ランボーを観た感想と評価

ランボーを観た感想と評価は下記のとおりです。

満足度4★★★★(いつでも見たい映画ではないけど、テレビでやっていたら見てしまう映画です)

見た目や風貌だけで悪者扱いされ拷問されてしまうなんて、何とも理不尽!

しかも保安官たちから仕掛けておいて、ランボーが正当防衛で相手を殺してしまった後も、理不尽な復讐心で執拗に追われてしまう!!

ベトナム帰還兵は、国のために戦ったのに、国に戻ると罵声を浴びせられ、仕事にもつくことができず、心身ともに壊れてしまう・・・。

そんな扱いにランボーが、涙ながらに訴える最後のシーンは胸が痛みます。

そして戦争について、とてもいろいろなことを考えさせられます。

4)ランボーの評判や口コミ

SNSなどで取り上げられているランボーの評判や口コミをご紹介しますね。

5)ランボーのテーマ音楽

ダン・ヒルが歌うランボーのテーマ音楽、「It’s a long road」。

渋くてとても哀愁の漂う曲ですね。

6)まとめ

いかがですか?

ベトナム帰還の悲しきソルジャーの孤独と闘いを描いた、ランボーのあらすじと感想をネタバレも含んじゃいましたがご紹介しました。

アクションだけのB級作品ではないですよね!

最後の最後にベトナム戦争が何をもたらしたのかを教えてくれました。

そして、大いに考えさせられるクオリティ高い社会派ドラマとして仕上がっています。

シリーズ化されていますが、この最初のランボーが一番感動しました。

まだ観ていない方は、ぜひともご覧ください!

映画観るなら<U-NEXT>

 

 

動画配信サービス【TSUTAYA TV】

コメント

タイトルとURLをコピーしました