【カッコよくて迫力満点】強い女性が出ているおすすめ映画10選!

おすすめ映画

こんにちは

映画マニアのワーキングマザー、ゆっちゃんです。

私は、昔から映画が大好きです。

いろいろな映画を観てきましたが、強い女性の出ている映画は、見ごたえたっぷりで、「あぁ、カッコよい!」と気分良くなるものばかりです。

新型コロナで自粛が続いて、気分が沈んでいる時だからこそ、気分を上げて、明日から頑張るぞって思える映画を観たいですよね。

今回は、皆さんにカッコよくて強い女性が出ているおすすめ映画を10選ご紹介しちゃいます。

強い女性が出ているおすすめ映画10位:グロリア

ある組織に関係したグロリアが、その組織に一家皆殺しにされた生き残りの男の子フィルを預かることになってしまいます。

組織の秘密を握っているフィルを組織は追ってきます。

グロリアは、フィルを守るために逃げますが、最後は組織に立ち向かっていくのです。

この作品は、1980年ベネチア国際映画祭の金獅子賞を受賞しています。

監督のジョン・カサベテスとヒロインのジーナ・ローランズは夫婦です。

製作年:1980年

時間:121分

監督ジョン・カサベテス

出演ジーナ・ローランズ、ジョン・アダムス、ジュリー・カーメンバック・ヘンリー

見どころエマニュエル・ウンガロの服に身を包み、ハイヒールを履いて銃をぶっ放すジーナ・ローランズが、タフでクールでとにかくカッコよいです。

強い女性が出ているおすすめ映画9位:バイオハザード

カプコンの同名のゲームソフトを原案にして製作されたサバイバルホラー映画です。

シリーズ化されており、他5作が製作され、公開されました。

主人公アリスを演じるのはSF映画「フィフス・エレメント」「ジャンヌ・ダルク」で個性的なキャラクターを見事に演じきったミラ・ジョボビッチです。

ミラ・ジョボビッチと監督のポール・W・S・アンダーソンは夫婦です。

製作年:2001年

時間:101分

監督ポール・W・S・アンダーソン

出演ミラ・ジョボビッチミシェル・ロドリゲスエリック・メビウスジェームズ・ピュアフォイ、マーチン・クルース、コリン・サーモン

見どころもともとモデルだった抜群のプロモーションを活かしたアクションシーンがとてもカッコよいです。

強い女性が出ているおすすめ映画8位:ロング・キス・グッドナイト

記憶を失っていた主婦が実は凄腕の秘密工作員。

命を狙われたことをきっかけに、失った過去を取り戻す旅に出て死闘を繰り広げるスーパーアクション映画です。

この作品は、「リーサル・ウェポン」「ラスト・ボーイスカウト」のシェーン・ブラックが書き、ハリウッド史上最高値の四百万ドルで落札されたオリジナル脚本です。

製作年:1996年

時間:121分

監督レニー・ハーリン

出演ジーナ・デイビスサミュエル・L・ジャクソンパトリック・マハライドデビッド・モース

見どころ:普通の主婦だと思っていたのに、知らぬ間に工作員としての動きをしてしまうシーンは、カッコよいです。

また、ジーナ・デイビスのアクションシーンや爆発シーンなど迫力満点の画面が見どころの一つです。

強い女性が出ているおすすめ映画7位:ハンガーゲーム

近未来国家パネムでは、毎年若い男女が選出され、殺し合いのゲームに参加させられます。

最後の一人になるまでゲームは続けられるサバイバルゲームです。

選出されてしまった妹の代わりに16歳のカットニスが志願し、人生のすべてをかけた戦いに挑みます。

アメリカ版バトルロワイヤルと言われていますが、殺し合いというよりもサバイバルに重点を置いています。

原作はアメリカの作家スーザン・コリンズによるヤングアダルト小説です。

製作年:2012年

時間:143分

監督ゲイリー・ロス

出演ジェニファー・ローレンスジョシュ・ハッチャーソンリアム・ヘムズワースウディ・ハレルソン

見どころ:ゲームの中に放り出された若者たちが、ただ生き残りたいがために相手を殺してしまう・・・現実の戦争とかぶる部分もあります。

そのため、単なるアクション映画ではなく、人間ドラマとしても見逃せない作品となっています。

強い女性が出ているおすすめ映画6位:LUCY

 

ルーシーは、マフィアの闇取引に巻き込まれ、体の中にドラッグを埋め込まれてしまいます。

体の中のドラッグが漏れ始め、脳に異変が生じます。

脳の使用率が10%、20%・・・と100%に近づくにつれ、超人的な力を発揮します。

この作品は、日本のアニメ「GOHST IN SHELL(攻殻機動隊)」の影響を受けているのではと言われています。

製作年:2014年

時間:89分

監督リュック・ベンソン

出演スカーレット・ヨハンソンモーガン・フリーマンチェ・ミンシクアムール・ワケド

見どころ:脳の使用率が増えれば、超人的な能力を発揮するという発想が面白いです。

それに加えて美しいスカーレット・ヨハンソンのアクションも見逃せません

強い女性が出ているおすすめ映画5位:ニキータ

警官殺しのニキータは、政府の暗殺者として3年間教育されます。

そして、プロの殺し屋として仕事をこなしますが、仮の身分で生活するうちに恋人ができます。

その二重の生活にほころびが見えてくるのです。

この作品は、ハリウッドで「アサシン 暗殺者」というタイトルでリメイクされました。

主役のアンヌ・パリローは、フランスのアカデミー賞と言われているセザール賞で主演女優賞を取っています。

製作年:1990年

時間:117分

監督リュック・ベンソン

出演アンヌ・パリロージャン=ユーグ・アングラードチェッキー・カリョジャンヌ・モロー>ジャン・レノ
見どころスタイリッシュでパワフル、でも泣き虫な暗殺者ニキータがとても魅力的に描かれています。

こちらからご覧ください

強い女性が出ているおすすめ映画4位:ワンダーウーマン

ワンダーウーマンは、ジャスティス・リーグの創立メンバーであり、2016年の映画「バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生」に初めて映画デビューしました。

女性だけの島のプリンセスだったダイアナが、いかにして最強の女戦士=ワンダーウーマンとなったのかが描かれています。

2020年6月に「ワンダーウーマン 1984」が公開予定でしたが、新型コロナウイルス感染の影響で延期になってしまったのは、残念です。

製作年:2017年

時間:141分

監督パティ・ジェンキンス

出演ガル・ギャドットクリス・パインロビン・ライトコニー・ニールセンデビッド・シューリス

見どころワンダーウーマンが、とても美しく、とても強い女戦士として描かれています。

また、この話自体がダイアナが1枚の写真を見て100年の回想として語られている設定も面白いです。

強い女性が出ているおすすめ映画3位:マッド・マックス 怒りのデス・ロード

核戦争後の近未来を舞台に、妻子を殺された男マックス(トム・ハーディ)の復讐劇を描いています。

そこに同じ目的の女性戦士、フュリオサ(シャーリーズ・セロン)も加わり、敵のイモータン・ジョーと戦います。

85年の「マッドマックス サンダードーム」以来30年ぶりの新作となり、監督・脚本は過去3作同様にジョージ・ミラーが担当しています。

メル・ギブソンが扮していた主人公マックスを、新たに「ダークナイト ライジング」「ヴェノム」のトム・ハーディが演じています。

第88回(2016年)アメリカのアカデミー賞で衣装デザイン賞、美術賞など4部門受賞しています。

製作年:2015年

時間:120分

監督ジョージ・ミラー

出演トム・ハーディシャーリーズ・セロンニコラス・ホルトヒュー・キース=バーン

見どころ核戦争後の荒廃した近未来の世界観、いわゆるディストピア映画としては、とても見ごたえがある作品です。

内容的には、逃走劇ですが、濃すぎるキャラがそろっていて、見ていて飽きません。

強い女性が出ているおすすめ映画2位:エイリアン2

1979年の「エイリアン」の続編です。

57年間の冷凍催眠状態から救出されたリプリーは、音信不通となった殖民惑星の調査の為、海兵隊員と共に旅立ちます。

そこで遭遇したのは、卵を産んで繁殖を続けているエイリアン・クイーンの姿でした。

前作は、SFホラーの古典とも呼ばれる映画でしたが、エイリアン2は、アクション満載の作品となっています。

製作年:1986年

時間:136分

監督:ジェームズ・キャメロン

出演:シガニー・ウイーバーマイケル・ビーンポール・ライザーランス・ヘンリクセンビル・パクストン

見どころ: 生き残りの少女を守りながら、エイリアンと戦うリプリーの姿がカッコよいです。

カッコいいBGMと次から次に襲ってくるエイリアンとの壮絶な戦い、少女を守る母親魂、隊員同士のドラマなど、見ごたえたっぷりです。

強い女性が出ているおすすめ映画1位:ターミネーター2

未来から送り込まれたサイボーグと人間との戦いを描いた「ターミネーター」(84)の続編になります。

未来の英雄、ジョン・コナーは10歳、そして母親のサラ・コナーは精神病院に収監されていました。

ジョンを抹殺しに最新タイプのターミネーター(T-1000)が現れ、その後に、旧タイプのターミネーター(T-800)が追いかけてきます。

T-800は、いかなる犠牲を払ってもジョンを守れと厳命を受け、人類抵抗軍によって送り込まれた戦士なのです。

この作品は、第64回(1992年)のアメリカのアカデミー賞で、視覚効果賞など4部門受賞しています。

製作年:1991年

時間:137分

監督ジェームズ・キャメロン

出演アーノルド・シュワルツネッガーリンダ・ハミルトンエドワード・ファーロングロバート・パトリック

見どころ:新型ターミネーターのT-1000は、執拗にジョンを追ってきます。

その追いかけ方が異常で、怖くて、ドキドキハラハラします。

ブラッド・フィーデルの音楽が、より映画を盛り立ててくれます。

新旧のターミネーター、サラ・コナーとの壮絶な死闘が迫力満点です。

シュワちゃんのラストシーンは、絶対に忘れません。

まとめ

いかがですか?

強い女性が出ている映画は、見ていて気持ち良いですよね。

なぜ、「ターミネーター2」のサラ・コナーを1位に選んだのか?

ムキムキマンのアーノルド・シュワルツネッガーの横にいても、遜色ないほどたくましい女性として描かれているところに魅力を感じました。

息子を助けることが世界を助けることにつながっている・・・偉大なる強い母親、サラ・コナーに思い切り「よくやった!」と激励したいです。

映画観るなら<U-NEXT>

 

<映画・アニメ・ドラマ見放題・音楽や漫画も宅配レンタル>30日間無料!

コメント

タイトルとURLをコピーしました