華麗なるレオナルド・ディカプリオのおすすめ映画10選

レオナルド・ディカプリオ
引用元:pinterestより

こんにちは

映画マニアのワーキングマザー、ゆっちゃんです。

私は、昔から映画が大好きです。

美しい顔立ちの俳優さんは、特に好きです♪

今回は、若い時から活躍して、役者の幅も広げてきたレオナルド・ディカプリオについてレビューしたいと思います。

ディカプリオの出演してる映画を最初に観たのは、1993年のギルバート・グレイブです。

この作品では、知的障害の少年役でしたが、当時観た時は本当の障害者ではないかと思えるほどの演技力にびっくりしたのを覚えています。

今では、俳優業以外でも環境問題に取り組んだりといろいろな方面で活躍中のディカプリオ。

レオナルド・ディカプリオが出演しているおすすめ映画を10本ご紹介したいと思います。

ご興味あるものがありましたら、ぜひご覧くださいね。

引用元:25ansより

レオナルド・ディカプリオってどういう人?

まず最初に、レオナルド・ディカプリオという俳優さんがどういう人?っていうところからご紹介しますね。

生年月日:1974年11月11日(2021年に47歳を迎えます)

名前の由来:母親が妊娠中にイタリアの美術館でレオナルド・ダヴィンチの絵の前に立った時に、胎児がお腹を蹴ったからだと言われています。

身長:181cm

出身地:ロサンゼルス

家族:父親はイタリア・ドイツ家系の元漫画家、母親はドイツ・ロシア家系。

配偶者:デビューしてから15人以上の女性とお付き合いなさっていたようですが、1度も結婚はしていないようです。

芸能生活:10代前半からテレビCM等出演し、1991年低予算ホラー映画「クリッター3」でスクリーンデビュー!!(日本では未公開でしたが)

ロバート・デ・ニーロに見込まれて「ボーイズ・ライフ」に出演し、その年に「ギルバート・グレイブ」で知的障害者の少年役を演じ、アカデミー賞で助演男優賞にノミネートされました!

「ロミオとジュリエット」(1996年)では、ベルリン国際映画祭で男優賞を受賞。

「アビエイター」(2004年)では、ゴールデングローブ賞主演男優賞受賞。

「ウルフ・オブ・ウォールストリート」(2013年)では、ゴールデングローブ賞主演男優賞受賞。

「レヴェナント:蘇りし者」(2015年)では、悲願のアカデミー賞主演男優賞受賞!

数々の賞に選ばれてきたディカプリオは、今やハリウッドでは、なくてはならないトップスターになりました。

レオナルド・ディカプリオ出演のおすすめ映画:ギルバート・グレイブ

引用元:pinterestより

ディカプリオが初めてアカデミー賞助演男優賞にノミネートされた記念すべき作品です。

主演は、ジョニーデップでディカプリオは知的障害を持つ弟役です。

小さな町で、肥満症の母親と知的障害を持つ弟と暮らすギルバート・グレイブの悩みや心の葛藤などを描いたヒューマンドラマです。

「マイライフ・アズ・ア・ドッグ」「ショコラ」のラッセ・ハルストレム監督の作品です。

製作年:1993年

時間:117分

監督:ラッセ・ハルストレム

出演:ジョニー・デップ、レオナルド・ディカプリオ、ジュリエット・ルイス、メアリー・スティーンバージェン等

見どころ:エキセントリックな役が多いジョニー・デップが、昔は普通の好青年役も演じていたんだなと、むしろこういう役の方が良いのではと思える感じです。

ディカプリオは、本当に障害者なのかと思えるような演技力に脱帽です。

単なるアイドルスターではないところを見せつけてくれました。

 

レオナルド・ディカプリオ出演のおすすめ映画:キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン

引用元:映画.comより

実在の詐欺師、フランク・アバグネイルの若き日々をスピルバーグ監督が見ごたえたっぷりに描いてくれます。

題名の「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」は、鬼ごっこの時の掛け声のようなもので、「鬼さん、こちら」と言う意味だそうです。

製作年:2002年

時間:141分

監督:スティーブン・スピルバーグ

出演:レオナルド・ディカプリオ、トム・ハンクス、クリストファー・ウォーケン、マーティン・シーン、ナタリー・バイ、エイミー・アダムス等

見どころ:トム・ハンクス演じるFBI捜査官が、ディカプリオ演じる詐欺師フランクを追いかけるシーンは、ハラハラドキドキしながらも、軽快感があり、爽快です。

監督が、スピルバーグ、出演がディカプリオ、トム・ハンクスという豪華キャストも話題の一つでしたね。

 

こちらからご覧ください。※本ページの情報は2021年3月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

レオナルド・ディカプリオ出演のおすすめ映画:ブラッド・ダイヤモンド

引用元:amazonより

「ダイヤの価値を決める“4つのC”―

color(色) cut(カット) clarity(透明度) carat(カラット)

しかし、実は5つめのC<conflict(紛争)>が存在することを、あなたは知る―」

この作品のキャッチコピーです。

アフリカ・シオラレオネの内戦(1991年~2002年)の紛争の資金源として存在したダイヤモンドを巡る重厚なサスペンスドラマで、ディカプリオは紛争ダイヤのブローカー役を演じています。

製作年:2006年

時間:143分

監督:エドワード・ズウィック

出演:レオナルド・ディカプリオ、ジェニファー・コネリー、ジャイモン・フンスー、マイケル・シーン等

見どころ:ダイヤ密売人(ディカプリオ)、反政府武装勢力の革命統一戦線(RUF)に村を襲われた漁師のソロモン(フンスー)、紛争ダイヤモンドの真実を暴こうとしているマディー(ジェニファー・コネリー)の3人が運命的な出会いをし、それぞれの想いで紛争地へ戦いを挑みます。

手に汗握る緊迫のシーンもあり、とても見ごたえある重厚なドラマになっています。

アカデミー賞(2006年)では、5部門(主演男優賞、助演男優賞、音響編集、録音、編集)にノミネートされました。

映画はこちらからご覧ください

レオナルド・ディカプリオ出演のおすすめ映画:ディパーテッド

引用元:amazonより

この「ディパーテッド」は、香港映画の大ヒット作「インファナル・アフェア」(2002年)のリメイクになります。

私は、この香港映画の方も大好きで、アンディ・ラウとトニー・レオンをハリウッド映画では誰が演じるのかなってすごくワクワクしたものでした。

警察の新人警官がギャングへ潜入し(ディカプリオ)、ギャングのボスに拾われた青年(マット・デイモン)が警察へ潜入し、お互いに探り合い、追い詰めていく様は、スリル満点です。

キャッチコピーは、「男は、死ぬまで正体を明かせない。」。

まさしくどちらが先に「ネズミ」を見つけるか?

この映画は、アカデミー賞(2007年)では、4部門(作品賞、監督賞、脚色賞、編集賞)受賞しています。

製作年:2006年

時間:156分

監督:マーティン・スコセッシ

出演:レオナルド・ディカプリオ、マット・デイモン、ジャック・ニコルソン、マーク・ウォールバーグ、マーティン・シーン等

見どころ:警察とギャングのお互いのネズミをあぶりだそうと必死に追い込んでいくディカプリオとマット・デイモンも緊張感ありましたが、この作品で一番迫力があったのが、何といってもジャック・ニコルソンです。

あの鋭い目つき、狂気じみた演技に引き込まれてしまいました。

映画はこちらをクリックしてご覧ください

レオナルド・ディカプリオ出演のおすすめ映画:ロミオとジュリエット

引用元:pinterestより

名作「ロミオとジュリエット」の現代版として、レオナルド・ディカプリオとクレア・デーンズが、スタイリッシュでハードなラブストーリーを見せてくれます。

ヴェローナ・ビーチという架空の町を舞台に、2大マフィア、モンタギュー家とキャピュレット家の抗争が絶えず、街の人々も巻き込まれている状況でした。

そんな中、モンタギュー家の一人息子ロミオが、あるパーティでキャピュレット家のジュリエットに一目ぼれしてしまうのです。

ディカプリオは、ベルリン国際映画祭(1997年)の銀熊賞(最優秀男優賞)を受賞しました。

製作年:1996年

時間:120分

監督:バズ・ラーマン

出演:レオナルド・ディカプリオ、クレア・デーンズ、ジョン・レグイザモ、ポール・ラッド、ブライアン・デネヒー等

見どころ:この映画の当時22歳のディカプリオがとても美しい。

光が差し込んだプールの中や水槽の前で見つめ合うシーンなど、ピュアな2人の恋心をきれいに映し出しています。

レオナルド・ディカプリオ出演のおすすめ映画:インセプション

引用元:amazonより

次は、「バットマン」シリーズのクリストファー・ノーラン監督の「インセプション」をご紹介しますね。

キャチコピーは、「お前の頭へ侵入する。」、 「犯罪現場は、お前の頭の中。」

人の夢の中に潜入し、アイディアを盗み取るという犯罪能力を持つコブ(ディカプリオ)は、サイトー(渡辺謙)にあるミッションを与えられます。

ある企業を倒産させるために、その企業の息子の頭の中に入り込み、「会社をつぶす」というアイディアを植え付けることでした。

この作品は、アカデミー賞(2011年)では、8部門ノミネートされ4部門(撮影賞、視覚効果賞、音響編集賞、音響録音賞)を受賞しています。

製作年:2010年

時間:148分

監督:クリストファー・ノーラン

出演:レオナルド・ディカプリオ、渡辺謙、ジョゼフ・ゴードン=レビットマリオン・コティヤール等

見どころ:人の夢の中に入り込んでアイディアを盗むという斬新な発想のこの作品は、構想に20年を要し、

よりスケールの大きい作品にしたかったため脚本に8年の歳月をかけたそうです。

そして、ノーラン監督の「バットマンビギンズ」で大抜擢された渡辺謙がこの作品にもお声がかかったなんて、日本人として嬉しい限りですね。

ノーラン監督作品に欠かせないのがハンス・ジマーの音楽です!

時間や空間のゆがみを映画化させたらイチバンしゃないかって思えるくらいのクオリティの高いシーンを私たちに見せてくれます。

引用元:シネマカフェより   ※映画はこちらをクリックしてご覧ください

レオナルド・ディカプリオ出演のおすすめ映画:シャッターアイランド

引用元:amazonより

★精神を病んだ犯罪者だけを収容する島から、一人の女性が消えた—。

★この島は、何かがおかしい。

★全ての謎が解けるまで、この島を出ることはできない。

 

この作品のキャッチコピーですが、これだけ見ても何だかワクワクしませんか?

そして、初めて見る方には事前のネタバレは決してしない方が良い映画ですよね。

連邦保安官2名が、失踪した女性の残した謎のメッセージを頼りに、孤島の精神病院へ乗り込むのですが、いくつもの不可思議な現象やトラブルに巻き込まれていきます。

製作年:2010年

時間:138分

監督:マーティン・スコセッシ

出演:レオナルド・ディカプリオ、マーク・ラファロ、ベン・キングズレー、ミシェル・ウイリアムズ等

見どころ:予測のつかないストーリー展開とラストには驚かされました。そして、伏線回収するには、2度見の必要がある作品だなと感じました。

バックに流れるクラシック音楽も、場面場面に合った雰囲気のある音で聞いているだけでぞくぞくします。

主人公テディ(ディカプリオ)が、現実と幻想・回想するシーンでナチスドイツの虐殺するシーンの際に流れるマーラーのピアノ四重奏曲 “断章” イ短調が怪しい感じで印象的です。

「ロボトミー手術」というものが実際にあり、発明者はノーベル賞を受賞していたという事実に驚愕しました。

レオナルド・ディカプリオ出演のおすすめ映画:タイタニック

引用元:VOGUEより

ディカプリオの代表作と言えば「タイタニック」と言う方も多いのではないでしょうか?

運命の恋。誰もそれを引き裂くことはできない。

この作品のキャッチコピーですが、単なる恋愛映画ではなく、実際にあった豪華客船タイタニック号の悲劇を題材にした映画の為、後半の船の沈没シーンなどは迫力満点です。

アカデミー賞(1998年)では、11部門(作品賞、監督賞、主題歌賞等)受賞という快挙を成し遂げました!

製作年:2012年

時間:195分

監督:ジェームズ・キャメロン

出演:レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ウィンスレット、ビリー・ゼイン、キャシー・ベイツ、ビル・パクストン、バーナード・ヒル等

見どころ:キャメロン監督の「アバター」に抜かれるまでは、史上最高の興行収入を誇っていたこの作品ですが、上映時間が3時間越えで1日の上映階数が少ない中、すごいことですよね!

また、主題歌「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」を歌うセリーヌ・ディオンの歌声も胸に響きました。

何といっても、ジャック(ディカプリオ)とローズ(ウィンスレット)の美しい恋愛描写が胸キュンですよね。

後半のローズの一人で生きていかなくてはいけないという強い意志を持つシーンは、感動ものです。

レオナルド・ディカプリオ出演のおすすめ映画:ザ・ビーチ

引用元:Esquireより

地球のどこかにきっとある。

この作品のキャッチコピーです。

退屈で刺激を求めていたリチャードは、バンコクでダフィという男性から美しい伝説の孤島の話を聞きます。

しかし、ダフィは翌日謎の死を遂げてしまうのですが、リチャードは隣室のフランス人カップルと知り合い、伝説の孤島を探しに出かけます。

製作年:2000年

時間:119分

監督:ダニー・ボイル

出演:レオナルド・ディカプリオ、ティルダ・スウィントン、ビルジニー・ルドワイヤン、ギョーム・カネ等

見どころ:リチャード(ディカプリオ)たちが見つけた楽園と言われる孤島の海が何とも美しい!

ここは、タイのピピ・レイ島で撮影したそうです。

若者たちは楽園を求めて集まってきたはずなのに、いつの間にか狂気の集団と化してしまっていたのが恐ろしい。

コミュニティのリーダー的存在のサル(ティルダ・スウィントン)が、凛として美しくかつ狂っている雰囲気が映画に強いアクセントを残しています。

レオナルド・ディカプリオ出演のおすすめ映画:ウルフ・オブ・ウォールストリート

引用元:Pinterestより

「貯金ゼロから年収49億円 ヤバすぎる人生へ、ようこそ。」

この作品のキャッチコピーです。

実在の株式ブローカー、ジョーダン・ベルフォートの半生を描いた伝記・コメディ映画です。

学歴もコネも経験もない中、くじけない根性とアグレッシブな考え方、巧みな話術であっという間に会社を設立して年収4900万ドルを稼ぐようになるんです!

すごい人がいたもんですよね。

製作年:2017年

時間:179分

監督:マーティン・スコセッシ

出演:レオナルド・ディカプリオ、ジョナ・ヒル、マーゴット・ロビー、マシュー・マコノヒー等

見どころ:この破天荒なジョーダン・ベルフォートをディカプリオが見事に演じ切ったところが素晴らしいです。怒鳴り散らしたり、甘えたり、カリスマ性を発揮したりといろいろな面を見せてくれます。

美しいだけのディカプリオではないんです!

ちなみに、最も多く「FUCK!」という言葉が使われた映画としてダントツだそうです。

映画はこちらからご覧ください。※引用元:映画Movieより 

まとめ

いかがでしたか?

華麗なるレオナルド・ディカプリオの出演しているおすすめ映画10選をご紹介しました。

ヒューマンドラマ、サスペンス、ラブストーリー、SF等何でもこなしてしまう器用な役者さんですよね。

若かりし頃の美しいディカプリオから、最近では何となくジャック・ニコルソンのような大御所のイメージがついてきたように思います。

なかなかアカデミー賞で賞が取れなかったディカプリオは、「レヴェナント 蘇えりし者」(2015年)で4度目のノミネートにして初の主演男優賞を受賞しました。

今では、ハリウッドのトップスターとして活躍してるディカプリオ。

これからもいろいろな役に挑戦し続けていくと思います。

私はこれからも大好きなディカプリオの映画を観ていきたいと思います。

面白い作品に出会ったら、皆さんにご紹介しますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました