アマゾンプライムビデオのおすすめ洋画10選【見逃せません!】

アマゾンプライムビデオ

こんにちは
映画マニアのワーキングマザー、ゆっちゃんです。

アマゾンプライムビデオは、通販サイトAmazonの有料会員の特典の中の1つになります。

対象となっている動画を見放題で観ることができます。

月額408円~500円で下記の特典が利用できるなんて破格ですよね!

・洋画・邦画・アニメ・バラエティ・ドラマ等見放題

・音楽200万曲が聞き放題

対象の漫画・雑誌の読み放題

・配送料が無料

・保存容量が無制限のAmazon Photo

・ネット上で気に入った服1~6着を自宅で7日間試着して気に入ったものをオンラインで購入できるPrime Wardrobe

今回は、アマゾンプライムビデオでおすすめの絶対に見逃せない洋画を10選ご紹介しますね。

1)アマゾンプライムビデオの概要

まずは、アマゾンプライムビデオの概要をご紹介しますね。

項目内容
料金◆月間プラン(500円/月)
※年間:6、000円(500円×12か月)
◆年間プラン(4、900円/年)
年間プランの方が、1、100円おトクにご利用できます。
2つのプランの違いは料金の違いのみで、サービス内容はどちらも同じです。
◆学生限定プラン(2、450円/年)
※月額250円
動画本数1万本以上
無料期間31日間
ジャンル映画 ・ ドラマ ・ アニメ ・バラエティなど
デバイススマートフォン、タブレット、パソコン、テレビ、ゲーム機など
※ダウンロードしてオフラインで視聴可能です。
画質SD(480p)、HD(720p)、フルHD(1080p)、4K(2160p)

年間プランに申し込むと、実質月408円!

ワンコイン以下でのこのサービスは破格ですね。

また、Amazonプライムビデオはすべて見放題というわけではありません。

下記の3つに分かれます。

有料の場合は、作品の左上に¥マークがついています。

見放題・・・プライム会員なら無料で見れます。作品の左上にレ点がついています。

レンタル・・・102円~500円程度。
※レンタル期間は30日間。視聴開始から24時間・48時間で終了。

購入・・・800円~2500円程度。
※1500円くらいの作品が一番多いようです。

2)アマゾンプライムビデオのおすすめ洋画10選

次にアマゾンプライムビデオのおすすめ洋画10選をご紹介しますね。

購入もできますが、31日間の無料期間中には申し込み後、すぐに観ることができますよ。

※本作品の配信情報は2021年6月時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはアマゾンプライムビデオのホームページもしくはアプリをご確認ください。

・グリーンブック

制作年:2018年

時間:130分

監督:ピーター・ファレリー

出演:ヴィゴ・モーテンセン、マハーシャラ・アリ、リンダ・カーデリニ等

作品の解説:1960年代、高貴な黒人ジャズピアニストと粗野な白人運転手のロードムービー。

実話を基にした作品です。

人種差別が色濃く残るアメリカ南部で、黒人ピアニスト・ドクターシャーリーがあえてツアーを開始します。

黒人用旅行ガイドブックを手に白人運転手のトニー・リップが彼を乗せて回るのですが、

そこで2人はいろいろな体験を通して、信頼関係を築いていきます。

2019年アカデミー賞で5部門ノミネート、作品賞、脚本賞、助演男優賞受賞しています。

ドクター・シャーリー役は、「ムーンライト」のマハーシャラ・アリ。

トニー・リップ役は、「イースタン・プロミス」のヴィゴ・モーテンセン。

一言感想:高貴な黒人と粗野な白人のタイプの違う人間がぶつかり合いながら信頼を深めて親友になるという、他にもありそうな設定の映画ですが、実話と聞いて驚きました。

そして、単なる珍道中の内容ではなく、人種差別、LGBTなど深刻な社会問題も入れつつ、ハートフルで見ていて微笑んでしまうシーンが多いので、誰でもこの映画をみれば「良かった」と思える作品ですね。

「ロード・オブ・ザ・リング」のアラゴン役でとてもカッコよかったヴィゴ・モーテンセンが、この作品では太った無教養なおっさんみたいや役でびっくりしましたが、この役もナイス♪

 

・MEGザ・モンスター

制作年:2018年

時間:113分

監督:ジョン・タートルトーブ

出演:ジェイソン・ステイサム、リー・ビンビン、レイン・ウィルソン、ルビー・ローズ、マシ・オカ等

作品の解説:200万年前に絶滅したと思われた巨大サメ、メガロドン(通所:MEG)が、突如現れ大暴れする映画です。

「トランスポーター」「ワイルド・スピードシリーズ」でアクションスターとして君臨しているジェイソンステイサムと、「バイオハザードV リトリビューション」や「トランスフォーマー ロストエイジ」の美しいリー・ビンビンが出演しています。

一言感想:ジョーズの3倍もあるこのMEGが、画面いっぱいにでかい口を開けるシーンは圧巻です。

そこへ挑むのが、我らがジェイソン・ステイサム!

全長23メートル、体重20トンの超巨大サメに一人の人間(いや、人間と言えるのか?)ステイサムが向かっていく、思わず笑いが出てしまうシーンがとても楽しいです♪

・運び屋

制作年:2018年

時間:116分

監督:クリント・イーストウッド

出演:クリント・イーストウッド、ブラッドリー・クーパー、ローレンス・フィッシュバーン、マイケル・ペーニャ、ダイアン・ウィースト、アンディ・ガルシア等

作品の解説:クリント・イーストウッドの主演・監督作として「グラン・トリノ」以来10年ぶりの作品です。

お金がなく、家族にも見放された孤独の90歳近い老人アール(イーストウッド)が、ある人物から車の運転ができれば大金をやると声をかけられ、その言葉に乗ってしまいます。

しかし、その仕事とはメキシコの麻薬カルテルの運び屋だったという、実話を基にした作品です。

一言感想:人当たりの良いアールは、麻薬組織内だけでなく彼を追う捜査官からも好かれてしまうとても魅力的な人なのに、家族からは自分勝手だと見放されてしまうところが皮肉ですよね。

でも、孫娘の結婚式のために大金を稼ぐ方法として、偶然知り合った人から悪の道に染まり、実際に大金をかせぐともっと欲しくなり、どんどん悪い方向へ進んでしまうという・・・人間らしいといえば人間らしい欲と言えるのかなと思います。

90歳近くなってから新しい世界へ足を踏み入れたアールの勇気には感心しました。

チャンレジは、年齢なんて関係なく気持ち次第なんですよね。

アールは、今まで迷惑をかけた家族の為、孫の為に飛び込んでしまったわけですが、飛び込み先を間違えてしまったんですね。

でも、最後のアールの決断は、正しかったと思います。

・ビリーブ 未来への大逆転

制作年:2018年

時間:120分

監督:ミミ・レダー

出演:フェリシティ・ジョーンズ、アーミー・ハマー、ジャスティン・セロー、キャシー・ベイツ、サム・ウォーターストン等

作品の解説:のちにアメリカの最高裁判事になったルース・ベイダー・ギンズバーグが、史上初の男女平等裁判を行った実話を基にした作品です。

監督は、「ディープインパクト」のヒットメイカー、ミミ・レダーが18年ぶりにメガホンを取りました。

脚本は、ルース・ベイダー・ギンズバーグの甥っ子が自ら執筆したそうです。

主役は、「インフェルノ」「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」のフェリシティ・ジョーンズですが、当初はナタリー・ポートマンにオファーしていたようです。

夫役は、「ソーシャルネットワーク」「君の名前で僕を呼んで」のアーミー・ハマー。

この作品のモデルになったルース・ベイダー・ギンズバーグは、映画の中でカメオ出演をしています。

また、主題歌では、世界的アーチスト、ケシャが歌う「Here Comes the Change」が起用され、感動しますよ。

一言感想:ハーバード大学院を主席卒業しても、どこの弁護士事務所にも女性というだけで入れてもらえない理不尽な社会の中で、あきらめずに男女差別と闘い続けたR.B.G(ルース・ベイダー・ギンズバーグの愛称)の努力と前向きな姿勢、行動力に、鳥肌が立つほどの感動を覚えました。

こういう女性がいたからこそ、今の私たちは、「頑張れば何とかなる!」と思える社会になってきたんじゃないかと思います。

性差別は無くなることはないけれども、あきらめないこと、良くなることを信じて進み続けることの大切さを学ばせてくれる、素晴らしい教科書です!

・ジュラシック・ワールド 炎の王国

制作年:2018年

時間:128分

監督:J・A・バヨナ

出演:クリス・プラット、プライス・ダラス・ハワード、レイフ・スポール、ジャスティス・スミス、ダニエル・ピネダ等

作品の解説:「ジュラシック・パーク」シリーズの第5弾で、「ジュラシック・ワールド」の続編です。

前作では、イスラ・ヌブラル島という火山島で恐竜テーマパーク「ジュラシック・ワールド」が作られましたが、恐竜が大暴れし崩壊してしまいました。

その火山島に噴火の兆候が現れ、島に残された恐竜たちを救うべく恐竜監視員だったオーウェンたちは立ち上がりますが、そこには大きな陰謀が・・・。

今回も、TREX、ヴェロキラプトル(今回活躍するブルーです)、トリケラトプス、カルノタウルス、アロサウルス等たくさんの」魅力的な恐竜たちが出てきます♪

一言感想:オーウェンと恐竜ブルーとの絆がとても感動的です。

傲慢な人間に翻弄される恐竜たちは、とてもかわいそうですよね。

前作のハイブリット種「インドミナス・レックス」からさらにスケールアップした今回の「インドラプトル」がまた迫力があり、強いんです。

ストーリーも見ごたえあり、人間のエゴや生命の大切さが描かれていますし、飽きさせることのない恐竜の暴れまくるシーンもたくさんあります。

・依頼人

制作年:2011年

時間:123分

監督:ソン・ヨンソン

出演:ハ・ジョンウ、パク・ヒスン、チャン・ヒョク、ソン・ドンイル等

作品の解説:仕事を終えて帰宅したハン・チョンンミルは、自宅で待ち構えていた刑事たちに妻を殺した罪で逮捕されてしまいますが、死体がない!

無実を訴える被疑者、ハンを無実と信じる弁護士カンと検察官との戦いが始まります。

韓国映画のたいていのヒット作には顔を出しているハ・ジョンウ、「TheWitch魔女」「密偵」のパク・ヒスン、「推奴チュノ」で大ブレイクし、時代劇のカリスマと言われたチャン・ヒョクなど名前を聞いただけでウキウキしてしまうキャスト陣。

一言感想:最初から血なまぐささを感じさせる血だらけのベッドのシーン、これはどうなるやらと気持ちが高ぶってきます。

全般的には目新しさを感じませんが、役者の演技力でぐいぐい話に引っ張られていく感じです。

検事役のパク・ヒスンは、「TheWitch魔女」の役のようなダーティで冷酷な方が似合っていますね。

・ボーダー 二つの世界

制作年:2018年

時間:110分

監督:アリ・アッバシ

出演:エバ・ベランデル、エーロ・ミノロフ等

作品の解説:この作品の原作者は、「ぼくのエリ 200歳の少女」のヨン・アイビデ・リンドクビストで、この映画の共同脚本を担当。

そして、カンヌ国際映画祭では、ある視点部門でグランプリを受賞しています。

驚異的な嗅覚を持つ醜い姿の女性ティーナは、ある日奇妙な旅行者ヴォーレと出会いますが、それをきっかけにして生活が一変します。

一言感想:優れた才能を持ちながらも見かけが醜いということで辛く、孤独に生きてきたティーナ。

独特な世界観の中で、目をそらしてしまうシーンもありますが、ストーリーの中へぐいぐい引き込まれていきました。

ヴォーレとの出会いでトロールと人間の狭間に立たされるティーナ。

そんな時にヴォーレの一言が印象的でした。

「人間は、地球上のすべてを自分のために使う寄生動物だ」

 

・ホテル・ムンバイ

制作年:2018年

時間:123分

監督:アンソニー・マラス

出演:デブ・パテル、アーミー・ハマー、ナザニン・ボニアディ、ティルダ・コブハム=ハーベイ、アヌパム・カー等

作品の解説:2008年のムンバイで実際に起きた同時多発テロ事件を題材に、5つ星ホテル、タージマハル・ホテルに閉じ込められた500人以上の宿泊客を救おうと命をかけた従業員たちの姿を描いています。

主役は、「LION ライオン 25年目のただいま」「スラムドッグ$ミリオネア」のデブ・パテル、妻と子供を守る宿泊客の一人を「君の名前で僕を呼んで」のアーミー・ハマーが熱演しています。

タージマハル・ホテルは、現在も元気に営業中ですが、その時のテロ事件の主犯格はいまだに捕まっていないようです。

一言感想:ホテル内を知り尽くすホテルマンたちが決死の覚悟で宿泊客を救うシーンは、手に汗握る緊迫感でいっぱいです。

インド出身のベテラン俳優アヌパム・カー演じる料理長が、人間としてこんなにできた人がいるのだろうかと思えるほど立派な人でした。

死ぬかもしれないのに最後までお客様を守ろうというホテルマンの使命感にも感動しました。

若き無教養なテロリストたちのバックグラウンドも描かれていて、幼いころからの教育で、躊躇せずに撃ちまくる殺人マシーンに育てられてしまうという恐怖も感じました。

とても見ごたえのある感動の作品でした。

 

・ゾディアック

制作年:2007年

時間:157分

監督:デビッド・フィンチャー

出演:ジェイク・ギレン・ホール、マーク・ラファロ、ロバート・ダウニー・Jr、アンソニー・エドワーズ等

作品の解説:1960年代後半にサンフランシスコで実際に起きた連続殺人事件(ゾディアック事件)を描いたサスペンス映画です。

監督は、「セブン」「ファイトクラブ」のデビッド・フィンチャー。

派手な暴力シーンはなく(事件は悲惨ですが)、職種の違う3人の男たちが事件犯人逮捕のために執拗にハマっていき、人生が蝕まれていく姿をフィンチャー監督が丁寧に描き出していきます。

一言感想:漫画家、刑事、記者と事件に対する目線が変わっていきますが、未解決事件で終わっている事件なので、最後は消化不良的な部分も否めません。

でも、脚本がぐいぐいと観る者を引っ張っていってくれるので、見ごたえはあるし、飽きさせません。

それはきっと、ジェイク・ギレン・ホール、マーク・ラファロ、ロバート・ダウニー・Jrの卓越した演技力によるところが大きかったのかもしれません♪

それにしても、DNA鑑定の技術が進んだ現在でも、真犯人逮捕にはつながっていないのがこわいですね。

 

・ワイルド・スピード ICE BREAK

制作年:2017年

時間:136分

監督:F・ゲイリー・グレイ

出演:ヴィン・ディーゼル、ドウェイン・ジョンソン、ミシェル・ロドリゲス、タイリーズ・ギブソン、リュダクリス、ナタリー・エマニュエル、ジェイソン・ステイサム、カートラッセル、シャリーズ・セロン、ヘレン・ミレン等

作品の解説:大ヒットシリーズ「ワイルド・スピード」の8作目です。

ドミニク(ヴィン・ディーゼル)の裏切りとその真意を追う仲間たち、そして前作まで敵だったデッカード・ショウ(ジェイソン・ステイサム)がナント味方になり、頭脳明晰で冷酷な敵サイファー(シャリーズ・セロン)に立ち向かいます。

前作に続き、カーアクションがさらにヒートアップして、しまいには潜水艦まで出没しちゃいます!

さらに、ジェイサン・ステイサム、アカデミー賞主演女優賞受賞経験があるシャリーズ・セロン等、大物

俳優の出演も見どころの一つです。

一言感想:毎回他の映画では観られなカーアクションを見せてくれます。

今回は、サイファーが今作のキーアイテム「電磁パルス」を使用して、大量の車を自由自在に動かし、ビルから雨のように降り注ぐ車、車、車の雨!!

潜水艦が出てきたときにはびっくりしました。

そして、氷の上でのカーチェイス(ドウェイン・ジョンソン)!!って感じで、始終興奮しっぱなしの作品です。

嬉しいことに、最新作「ワイルド・スピード/ジェットブレイク」が、2021年8月6日(金)に日本で公開予定です。

とっても楽しみにしてます♪

まとめ

いかがですか?

アマゾンプライムビデオのおすすめ洋画を10選ご紹介しました。

絶対に見逃せない映画を選んだので、どれも観て損することはありませんよ♪

アマゾンプライム会員になれば、6つある特典の中の一つがこの映画見放題なのですから、とてもおトク感ありますよね。

30日間の無料期間にできるだけたくさん映画を観ることもできますので、ぜひ1度お試しください♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました