映画スウイング・キッズ世界中が歌とダンスが好きなら、きっと平和だ

韓国映画

こんにちは
映画マニアのワーキングマザー、ゆっちゃんです。

激動の1951年。

捕虜収容所で結成された国籍も身分も異なる

寄せ集めのタップダンスチーム。

Swing Kids」!!

今回は、この作品ついてレビューしたいと思います。

製作年:2018年

時間:133分

監督カン・ヒョンチョル

出演D.O.(EXO)、ジャレッド・グライムス、パク・ヘス、オ・ジョンセ、キム・ミンホ

映画スウイング・キッズは、韓国映画のミュージカルなのかなと思っていましたが、少し違っていました。

大好きなダンスに出会い、同じ思いの仲間たちと出会い、ダンスによって国や人種を越えて分かち合う青春の途中迄の映画なんですね。

韓国の人気アイドルグループ「EXO」のD.O.(本名:ド・ギョンス)とアメリカのトップタップダンサーのジャレッド・グライムスのタップダンスは、とても素晴らしく思わす鳥肌がたってしまいました。

戦争中の捕虜収容所内では、国、人種、イデオロギー等の違いでいろいろな問題が起こり、兵士たちの心は疲弊しています。

そんな中で皆を楽しませてくれるのが、ダンスと音楽です。

いがみ合っている米兵と韓国人が、ダンス対決によって、少し心を開きかけているところまで気持ちが変わってゆく様は、本当に素晴らしいと思います。

本当は、いがみ合いたくないし、憎みあいたくも殺し合いだってしたくありません。

たぶん、世界中の全員が歌とダンスが好きなら、きっとどこも平和だと思います。

余談ですが、D.D.ってオリンピック金メダリストの北島康介さんに似ていませんか?

1)映画スウイング・キッズのネタバレあらすじ

最初に映画スウイング・キッズのあらすじをご紹介しますね。

ネタバレを含んでいますので、ご注意ください。

1951年、朝鮮の巨済捕虜収容所で対外イメージ向上の為、ダンスチームが結成されました。

ブロードウェイでダンサーをしていたジャクソンが、リーダーとして指名されましたが、東洋人にダンスは無理だと端っからやる気がありません。

オーディションでも全員を落としてしまう始末でしたが、ダンスの好きな4名がチームとして決定しました。

4ヵ国語を話す無認可通訳士のヤン・パンネ、生き別れの妻を探している男カン・ビョンサム、ダンスの腕は抜群だが栄養失調気味のシャオパン、そして血気盛んな若者ロ・ギスの4人です。

ジャクソンは、4人のダンスを見て、素質を感じだんだん心を開きダンスを教えていくことになります。

しかし、ジャクソンは、東洋人に対して差別意識の強い米兵に恨まれ、偶然持っていた反米チラシが原因で収監されてしまいます。

チームの4人は、それに異議を唱えるために記者や幹部が集まるイベントで飛び入りでダンスを披露します。

意外にもそのダンスが評判となり、ジャクソンは釈放されることができました。

所長は気をよくして、クリスマスでもダンスを踊ってほしいと言ってきました。

新しく捕虜としてやってきたグァングクは、右手右足を戦争で失い、アメリカに対して憎悪を抱いていましたが、米兵たちとうまく共存している同志たちに憤りを感じていました。

そして、米兵たちとうまくやっている同志たちをアカ呼ばわりして、排除していきます。

それを察知した所長はスパイを送り込み、グァングクの仕業とわかると、送り込んだ米兵によりグァングク達は皆殺しにされてしまいました。

ある日、ロ・ギスの兄のロ・ギジンが収容所にやってきます。

ロ・ギジンのボスは、所長の通訳をやっている男で、クリスマスのイベントの最後に所長を暗殺するためにロ・ギジンを呼んだのでした。

そして、ロ・ギスが所長を暗殺しないと兄のロ・ギジンを殺すと脅された為、ロ・ギスは従うしかありませんでした。

クリスマスイベントの日。

ジャクソンがあいさつをするのですが、最後に「Fucking Ideology!(イデオロギーなんてクソくらえ!)」と叫び、ダンスが始まります。

チームのダンスが終わり、ロ・ギスは一人で舞台で踊り始めます。

ジャクソンはその時に、ロ・ギスがカーネギーホールで踊っている姿を見たように感じました。

ダンスが終わり、ロ・ギスは、所長を暗殺するための武器を取りに舞台裏へ行きます。

その時に、兄のロ・ギジンが現れ、ロ・ギスが使うはずの武器を取り、所長たちに向けて乱射し始めます。

兄は、弟の犠牲になり、米兵に撃たれ死んでしまいます。

怒った米兵たちは、狂ったように乱射し始め、ヤン・パンネ、カン・ビョンサム、シャオパンも撃たれてしまいました。
そして、ロ・ギスはダンスの命である足を撃たれてしまいます。

米兵に羽交い絞めにされているジャクソンは、泣き叫ぶことしかできませんでした。

かなりの年月が経ち、観光地となった収容所跡に一人の黒人の老人がやってきます。

振り返ると若かりし頃のロ・ギスが笑顔でこちらを見ています。

老人も若かりしジャクソンに戻っています。

2人は気持ちよく思い切りダンスするのでした。

2)映画スウイング・キッズの口コミ

映画スウイング・キッズの口コミをご紹介しますね。

3)映画スウイング・キッズを観るには

映画スウイング・キッズを観るには、下記のVODやDVDで観ることができます。

・U-NEXT 

U-NEXTですが、

無料トライアル期間中(31日間)に観ることができます。

・TSUTAYA TV / TSUTAYA DISCAS

TSUTAYA TV / TSUTAYA DISCASですが、

30日間無料お試しで観ることができます。

動画見放題とDVDの宅配レンタルのセットがお得です。

 

Amazon Prime Video

Amazon Prime Videoですが、

30日間無料で観ることができます。

月500円で動画見放題の配信サービスです。

・dTV 

dTVですが、

31日間無料で観ることができます。

月550円で動画見放題の配信サービスです。

 

おすすめの動画配信サービスについて、こちらのページもご覧ください。👇

4)まとめ

いかがでしたか?

映画スウイング・キッズの中のタップダンスのシーンは、本当に感動します。

あれだけ夢中になれるものを見つけた若者たちが、あっけなく殺されてしまうなんて悲しすぎます。

世界中の全員が音楽とダンスが大好きなら、きっと平和な世のなかになるなと思いました。

映画の中の白人と黒人、東洋人が、ダンスを競い合うシーン、皆生き生きとしています。

ダンスに欠かせない音楽も見逃せません。

一番興奮したダンスシーンは、デヴィッド・ボウイの「モダン・ラヴ」がかかっているシーンです(下記の動画カッコいいです)。

ロ・ギスとヤン・パンネが思いのたけを思い切り吐き出すように、別場面でまっすぐ走りだして、まるで「フットルース」のケビン・ベーコンを思い起こさせるようなダンスを見せてくれます!!

また、カン・ビョンサムがダンスを捨てようとして去っていく時に、ジャクソン、ヤン、シャオパンがダンスし始め、やはりダンスを捨てられないとカンは一緒に踊りだすのですが、ここがまた素晴らしい!

韓国で、公開からわずか9日で観客動員100万人を突破した大ヒット映画「スウィング・キッズ」。

たくさんの感動と涙を誘ったこの名作をぜひご覧ください。

映画観るなら<U-NEXT>

 

 

DVD/CDの宅配レンタル【TSUTAYA DISCAS】

コメント

タイトルとURLをコピーしました